セブン、2017年度からベトナムに出店へ

10年で1000店舗目指す

 7月30日、セブン&アイ・ホールディングスはベトナムでコンビニエンスストアを展開すると発表した。マレーシアで昨年5月撮影(2014年 ロイター/SAMSUL SAID)

[東京 30日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>は30日、ベトナムでコンビニエンスストア、セブンイレブンを展開すると発表した。2017年度に1店舗目をオープンし、10年で1000店舗を目指す。セブンーイレブン・ジャパンが支援を行い、日本式コンビニのノウハウを活かした運営を行う。

現地で外食を展開しているアイエフビーホールディングスが中心となって設立された運営会社Seven System Vietnamと米セブンーイレブン・インクがマスターフランチャイズ契約を結んだ。

セブンイレブンは海外16カ国で展開している。商品開発や出店など日本のコンビニのノウハウを活かすため、セブン―イレブン・ジャパンと連携を取る。日本式コンビニの運営を行うのは、今秋に1号店を予定しているアラブ首長国連邦(UAE)に次いで2カ国目となる。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。