セブン、2017年度からベトナムに出店へ

10年で1000店舗目指す

 7月30日、セブン&アイ・ホールディングスはベトナムでコンビニエンスストアを展開すると発表した。マレーシアで昨年5月撮影(2014年 ロイター/SAMSUL SAID)

[東京 30日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>は30日、ベトナムでコンビニエンスストア、セブンイレブンを展開すると発表した。2017年度に1店舗目をオープンし、10年で1000店舗を目指す。セブンーイレブン・ジャパンが支援を行い、日本式コンビニのノウハウを活かした運営を行う。

現地で外食を展開しているアイエフビーホールディングスが中心となって設立された運営会社Seven System Vietnamと米セブンーイレブン・インクがマスターフランチャイズ契約を結んだ。

セブンイレブンは海外16カ国で展開している。商品開発や出店など日本のコンビニのノウハウを活かすため、セブン―イレブン・ジャパンと連携を取る。日本式コンビニの運営を行うのは、今秋に1号店を予定しているアラブ首長国連邦(UAE)に次いで2カ国目となる。

 

(清水律子)

人気記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。