アルゴリズムを使った「性格判断」は可能か

人間の主観より正しく見極められる?

「それを性格(キャラクター)と呼ぶ人もいるだろうが、弊社ではそうした表現は使っていない」とグーは言う。

高学歴でも成績優秀でもない人々に対しても、同様のアプローチは行われている。

ゼスト・ファイナンスは、信用力が低い人々(サブプライム層)への貸付を行う金融業者。グーグルの元重役であるダグラス・メリル創業者兼最高経営責任者(CEO)のもと、同社では一風変わった基準を元に審査を行っている。

「信用力が変わった理由に目を向ける」

たとえば過去に、プリペイド携帯電話の番号を変えたり使えなくなったことがあるかどうか。同じ家に住み続けられるとは限らないこのご時世、携帯電話番号は住所よりも確実に相手と連絡が取れる連絡先だ。つまり、番号が変わる(使えなく)なるということは、雇ってくれるかもしれない企業や親族との連絡を、あえて絶とうとしているか、そうせざるを得なくなったかどちらかで、これはマイナスの基準だ。

ゼストは先ごろ、信用力がサブプライムより上のニアプライム層への貸付にも進出。この層には、信用力の高いプライム層から落ちてきた人々もいればサブプライム層から這い上がってきた人々もいる。

肝心なのは信用力が変わった理由だ。「短期的に多額の医療費負担に見舞われただけで、返済が期待できる借り手だ」といった切り分けをゼストはやろうとしているわけだ。

「『性格』と言ってしまうと語弊があるが、支払い能力と支払い意志の間には大きな違いがある」とメリルは言う。「金融取引だけに目を向けていては、意志のほうがよく見えなくなる」

メリルは心理学の博士号ももっており、データに裏付けられた「人となり」の分析は、一般的な審査基準よりも根本的に公平だと考えている。

「私たちはつねにあらゆるやり方で他人を評価しているが、データがなければ選択バイアスを用いることになる」と彼は言う。「人間に対する自分の知識を頼りにするということは、自分たちにもっとも似た人たちへの評価が甘くなることを意味する」

よく知っているということは予測可能ということだから、これはこれでリスク管理の一形態と言えなくはない。だがそれでは公平な審査にはならない。

次ページ部下の転職を防ぐ方法を「指南」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。