ワイルド・スピード MEGA MAX --スリルとリスクと創造的破壊《宿輪純一のシネマ経済学》

“MEGA MAX”といかにも日本らしい副題がついている。激しいカーアクションを繰り広げかつオシャレな『ワイルド・スピード』シリーズの第5作目。ちなみに原題は『FAST FIVE』とオシャレに控えめである。
 
 毎度のことながら、超高級車の盗みを命懸けでこなすドミニク(ヴィン・ディーゼル)とブライアン(ポール・ウォーカー)が、そのような生活から抜け出て、本当の自由を得るために、裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを奪う“無謀”な最後の計画を実行する。

前科者ドミニクと彼を脱獄させた元FBI潜入捜査官ブライアンは指名手配犯となっていたが、最近ではブラジルで相変わらず超高級車の盗みを繰り返していた。今回は特命を受けた連邦捜査官ルーク(ドウェイン・ジョンソン)が立ちはだかる。



    ©2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


 筆者は、実はプロレスの味方ですが、このルーク役のドウェイン・ジョンソンはアメリカのプロレスのスーパースター! ザ・ロックというのがリングネームである。筆者もファンである。
 
 ちなみに、ヴィン・ディーゼルはガタイを見れば想像できるでしょうが、以前は本当にボディガードをやっていた。ポール・ウォーカーは、運転シーンはほとんどスタントなしというカーマニアである。過去の魅力ある主要キャストも総出演という『ワイルド・スピード』ファンにはたまらない作品。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。