ワイルド・スピード MEGA MAX --スリルとリスクと創造的破壊《宿輪純一のシネマ経済学》

“MEGA MAX”といかにも日本らしい副題がついている。激しいカーアクションを繰り広げかつオシャレな『ワイルド・スピード』シリーズの第5作目。ちなみに原題は『FAST FIVE』とオシャレに控えめである。
 
 毎度のことながら、超高級車の盗みを命懸けでこなすドミニク(ヴィン・ディーゼル)とブライアン(ポール・ウォーカー)が、そのような生活から抜け出て、本当の自由を得るために、裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを奪う“無謀”な最後の計画を実行する。

前科者ドミニクと彼を脱獄させた元FBI潜入捜査官ブライアンは指名手配犯となっていたが、最近ではブラジルで相変わらず超高級車の盗みを繰り返していた。今回は特命を受けた連邦捜査官ルーク(ドウェイン・ジョンソン)が立ちはだかる。



    ©2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


 筆者は、実はプロレスの味方ですが、このルーク役のドウェイン・ジョンソンはアメリカのプロレスのスーパースター! ザ・ロックというのがリングネームである。筆者もファンである。
 
 ちなみに、ヴィン・ディーゼルはガタイを見れば想像できるでしょうが、以前は本当にボディガードをやっていた。ポール・ウォーカーは、運転シーンはほとんどスタントなしというカーマニアである。過去の魅力ある主要キャストも総出演という『ワイルド・スピード』ファンにはたまらない作品。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT