対話の技法/言ってよいこと悪いこと 対話における発言の抑制

対話の技法/言ってよいこと悪いこと 対話における発言の抑制

北川達夫 日本教育大学院大学客員教授

それを言っちゃあ、おしまいよ──映画『男はつらいよ』シリーズの主人公・車寅次郎(寅さん)の定番のせりふである。時代劇でも、よく出てくるせりふだ。

親兄弟間のけんかが高じて、つい「出ていけ」と怒鳴ったとき。仕事もせず、ばくちばかりしている夫に対して、妻が「ごくつぶし」とののしったとき。要するに、それなりの理はあるものの言いすぎたとき、言葉が過ぎたとき、それをたしなめる役割のせりふである。

私は若い頃、この種のせりふが大嫌いだった。本当のことを言って何が悪い。「言いすぎ」とか「言葉が過ぎる」というが、その規準はどこにあるのか。あいまいな規準で発言を抑圧されてはかなわない、などと尊大に考えていたのだ。

だが、人間関係において、「それを言っちゃあ、おしまいよ」という発想は重要である。

売り言葉に買い言葉で、お互いに引っ込みがつかなくなると、解決するものもしなくなる。無用に感情的対立をあおったり、相手を傷つけたりしていては、まともなコミュニケーションは成り立たない。

とはいえ、規準があいまいなこともまた事実である。「わかりあえない」ことを前提とする対話において、「言いすぎ」の規準はどこにあるのか。何を言ったら「おしまい」なのか。これが今回のテーマである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。