対話の技法/言ってよいこと悪いこと 対話における発言の抑制

対話の技法/言ってよいこと悪いこと 対話における発言の抑制

北川達夫 日本教育大学院大学客員教授

それを言っちゃあ、おしまいよ──映画『男はつらいよ』シリーズの主人公・車寅次郎(寅さん)の定番のせりふである。時代劇でも、よく出てくるせりふだ。

親兄弟間のけんかが高じて、つい「出ていけ」と怒鳴ったとき。仕事もせず、ばくちばかりしている夫に対して、妻が「ごくつぶし」とののしったとき。要するに、それなりの理はあるものの言いすぎたとき、言葉が過ぎたとき、それをたしなめる役割のせりふである。

私は若い頃、この種のせりふが大嫌いだった。本当のことを言って何が悪い。「言いすぎ」とか「言葉が過ぎる」というが、その規準はどこにあるのか。あいまいな規準で発言を抑圧されてはかなわない、などと尊大に考えていたのだ。

だが、人間関係において、「それを言っちゃあ、おしまいよ」という発想は重要である。

売り言葉に買い言葉で、お互いに引っ込みがつかなくなると、解決するものもしなくなる。無用に感情的対立をあおったり、相手を傷つけたりしていては、まともなコミュニケーションは成り立たない。

とはいえ、規準があいまいなこともまた事実である。「わかりあえない」ことを前提とする対話において、「言いすぎ」の規準はどこにあるのか。何を言ったら「おしまい」なのか。これが今回のテーマである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。