対話の技法/対話の苦しみ 善意が無に帰するとき

対話の技法/対話の苦しみ 善意が無に帰するとき

北川達夫 日本教育大学院大学客員教授

「小さな親切、大きなお世話」という、何とも身もふたもない言葉がある。

ちょっとした善意が社会の潤滑油になる。それは否定しない。だが、自分では親切のつもりでも、相手にとっては迷惑の場合もあるのではないか。それも否定できまい。

まるで、篤実な道徳家と皮肉屋の道化の論争のようだ。対話においては、この両者の視点が必要である。決して道徳家だけ、あるいは道化だけの視点に立ってはいけない。

もう一つ。道徳の黄金律とは「何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ」。これは『マタイ伝』の言葉である。これが東洋の『論語』においては、「己の欲せざるところ、人に施すことなかれ」となる。要するに、自分を規準にして、他者に何をすべきか、あるいは何をすべきではないかを考えるということだ。

これに対して、皮肉屋の劇作家バーナード・ショウは戯曲『人と超人』において「何事も人々からしてほしいと望むことは、人々にはそのとおりにしてはならない。好みは同じではないだろうから」と揶揄した。確かに、そのとおりではある。

この言葉は、対話的発想の基礎を成すものとして、前にも紹介したことがある。自分と相手は違う。自分にとって嬉しいことが、相手にとっても同じとは限らない。そのことを肝に銘じておかないと、多様な相手と対話するのは難しい。

だが、疑問に思わないか?

そんなことを言っていたら、何もできないではないか!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。