「フィナンシャル・タイムズ」を買うのは誰か

売却金額は最大10億ポンドの見込み

A copy of a Financial Times newspaper is displayed for sale in a newsagent in central London July 28, 2008. REUTERS/Alessia Pierdomenico

[ロンドン 20日 ロイター] - 英出版大手ピアソン<PSON.L>が傘下のフィナンシャル・タイムズ(FT)紙の売却を検討している。ブルームバーグが関係筋の話として報じた。報道によると、ピアソンは買い手候補に売却を打診しており、売却価格は最大10億ポンド(16億ドル)に上る可能性がある。

ピアソンの広報担当は、市場のうわさや憶測にはコメントしないとした。

ブルームバーグによると、ドイツ新聞大手アクセル・シュプリンガー<SPRGn.DE>がFT取得に関心を示す可能性がある。アクセル・シュプリンガーは独放送大手プロジーベンザット1<PSMGn.DE>と合併協議を進めているとされる。

アクセル・シュプリンガーの広報担当はコメントを控えた。

ピアソンは教育事業の構築に注力しており、以前からFT紙売却の観測が浮上していた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT