新国立競技場、「説明が不十分な部分も」

菅官房長官が会見で発言

 7月16日、菅義偉官房長官は、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の整備をめぐって、国民への説明が十分ではなかった部分もあると述べた。1月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 16日 ロイター] - 菅義偉官房長官は、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の整備をめぐって、国民への説明が十分ではなかった部分もあると述べ、文部科学省を中心に丁寧な説明が求められているとの認識を示した。

16日午前の記者会見で語った。

同競技場の建設は、当初1300億円程度とされていた総工費が約2倍の2520億円にまで増え、与野党から批判が相次いでいる。菅長官は「計画の見直しについて決定したわけではない」とする一方、総工費が膨らんだ理由などの検証は必要と強調した。

 

 

(梅川崇)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。