新国立競技場、「説明が不十分な部分も」

菅官房長官が会見で発言

 7月16日、菅義偉官房長官は、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の整備をめぐって、国民への説明が十分ではなかった部分もあると述べた。1月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 16日 ロイター] - 菅義偉官房長官は、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の整備をめぐって、国民への説明が十分ではなかった部分もあると述べ、文部科学省を中心に丁寧な説明が求められているとの認識を示した。

16日午前の記者会見で語った。

同競技場の建設は、当初1300億円程度とされていた総工費が約2倍の2520億円にまで増え、与野党から批判が相次いでいる。菅長官は「計画の見直しについて決定したわけではない」とする一方、総工費が膨らんだ理由などの検証は必要と強調した。

 

 

(梅川崇)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT