新国立競技場、「説明が不十分な部分も」

菅官房長官が会見で発言

 7月16日、菅義偉官房長官は、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の整備をめぐって、国民への説明が十分ではなかった部分もあると述べた。1月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 16日 ロイター] - 菅義偉官房長官は、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の整備をめぐって、国民への説明が十分ではなかった部分もあると述べ、文部科学省を中心に丁寧な説明が求められているとの認識を示した。

16日午前の記者会見で語った。

同競技場の建設は、当初1300億円程度とされていた総工費が約2倍の2520億円にまで増え、与野党から批判が相次いでいる。菅長官は「計画の見直しについて決定したわけではない」とする一方、総工費が膨らんだ理由などの検証は必要と強調した。

 

 

(梅川崇)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。