1泊27万円!知られざる「超豪華病室」の世界

医療保険の入院給付金では賄えない

高齢者が終末期を過ごす療養病床は、修道院をイメージした作り(撮影:今井 康一)

一方、別フロアにある療養病床は、修道院をイメージした神聖で穏やかな雰囲気。体外からチューブを通して流動食を摂る人や、寝たきりのような、要介護度が高い高齢者が入院している。

個性や希望を尊重したいという思いから

ジャージのような柔らかい素材でできた患者衣で褥瘡(じょくそう、床ずれ)を予防。高齢者の顔色がよく見える色合い(撮影:今井 康一)

頻回の痰の吸引が必要となるなど、老人ホームでは対応できなくなった患者が多い。終末期のケアをする場所であるため、半数の人が3年以上、長い人は6~7年滞在する。個室の差額ベッド代は、特別室で1日3万5000円、個室2万5000円、2人部屋1万円、3人部屋5000円だ。

療養病床には、「自分らしく最期の時間を過ごしたいという患者のために、個性や希望を尊重した対応をしていきたい」という吉田文彦理事長の思いが込められている。

差額ベッド代に対しては「高い」「払いたくない」というようなネガティブなイメージを持っている人が多いだろう。しかし、差額ベッド代を払って出合える病室は、患者の多様なニーズを組み入れ、それぞれに工夫が凝らされている。その個性に目を向けてみるのも、一興かもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界揺るがす地雷原<br>コロナ経済危機の5大論点

欧米で新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界経済はマヒ状態に陥る寸前です。米国の信用不安、原油価格急落に欧州医療危機……。世界はどんな地雷を踏みかねないのか、5つの論点で識者に見立てを聞きました。