文部科学省が茨城県の放射能航空機モニタリングの結果を発表、宮城・福島・栃木・茨城の広域状況が判明

文部科学省が茨城県の放射能航空機モニタリングの結果を発表、宮城・福島・栃木・茨城の広域状況が判明

文部科学省は、茨城県の放射能航空機モニタリング結果を発表した。これにより先に公表されていた宮城・福島・栃木各県の測定結果と合わせて、福島第一原発から南北各160キロメートル、西方向約100キロメートル圏内の放射能汚染の状況が明らかになった。

現在の放射線量は土壌に蓄積されたセシウムによる影響が大きくなっている。新たに公表された茨城県では、北部の北茨城方面と、南部の牛久、取手方面で、高い放射線量が計測されている。

■地表1メートル地点での空間線量率


■土壌へのセシウム134・137の蓄積量

(図出所:文部科学省、写真:東京電力)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT