文部科学省が茨城県の放射能航空機モニタリングの結果を発表、宮城・福島・栃木・茨城の広域状況が判明

文部科学省が茨城県の放射能航空機モニタリングの結果を発表、宮城・福島・栃木・茨城の広域状況が判明

文部科学省は、茨城県の放射能航空機モニタリング結果を発表した。これにより先に公表されていた宮城・福島・栃木各県の測定結果と合わせて、福島第一原発から南北各160キロメートル、西方向約100キロメートル圏内の放射能汚染の状況が明らかになった。

現在の放射線量は土壌に蓄積されたセシウムによる影響が大きくなっている。新たに公表された茨城県では、北部の北茨城方面と、南部の牛久、取手方面で、高い放射線量が計測されている。

■地表1メートル地点での空間線量率


■土壌へのセシウム134・137の蓄積量

(図出所:文部科学省、写真:東京電力)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT