「職場いじめからゴミ屋敷」住人の悲しすぎるSOS ふすまに殴り書きされた無数の「たすけて」の文字

✎ 1〜 ✎ 30 ✎ 31 ✎ 32 ✎ 33
著者フォロー
ブックマーク

記事をマイページに保存
できます。
無料会員登録はこちら
はこちら

印刷ページの表示はログインが必要です。

無料会員登録はこちら

はこちら

縮小
ゴミ屋敷
ゴミやモノは多いが、整然としている部屋。しかし、住人が抱えていたものが見え隠れしている(画像:「イーブイ片付けチャンネル」より)
「たすけて たすけて たすけて」
小学校の女性教師が一人で暮らす大阪府のマンション。ふすまには、いくつもの「たすけて」という文字が赤と黒のマジックペンで書かれていた。
本連載では、さまざまな事情を抱え「ゴミ屋敷」となってしまった家に暮らす人たちの“孤独”と、片付けの先に見いだした“希望”に焦点をあてる。
一体、女性の身に何があったのか。部屋の片付けの依頼を受けた、ゴミ屋敷の片付け・不用品回収の専門業者「イーブイ」(大阪府)を営み、YouTube「イーブイ片付けチャンネル」で多くの事例を配信する二見文直社長(以下、二見氏)に、「絶対に捨てられない人たち」の片付けについて聞いた。
動画:まるで10年以上放置されてたような」情緒不安定な娘の家を片付けてほしい

ガムテープでぐるぐる巻きにされた無数のカロリーメイト

ゴミ屋敷
今回の間取り(画像:「イーブイ片付けチャンネル」より)

片付けの依頼者はマンションに住む女性(40代後半)の両親だった。ゴミ屋敷と言っても生ゴミの類は一切ない。部屋にあるモノも整理整頓されているが、ただ雰囲気は異様だ。というのも、まるで10年以上部屋が放置されていたかのようにあらゆるモノがほこりまみれなのだ。

玄関の左手にある和室には衣類がかかったハンガーラックがある。鏡台もあるのでこの部屋で着替えをしていたようだ。押し入れの中にはモノが整然と収納され、部屋の隅には新聞が1カ所に固めて置いてある。だらしなさはまったく感じないし、むしろ几帳面な印象を強く受けるくらいだ。

ゴミ屋敷
住人が衣装部屋として使っていたと思われる和室(画像:「イーブイ片付けチャンネル」より)
【画像】生ゴミがあるわけではない…しかし、異様な雰囲気を漂わせる部屋。住人の悲痛なSOSを感じながら片付けたビフォーとアフターを見る(31枚)
次ページ女性に何があったのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事