あの保険の加入基準が明確に示されない事情

引き受けを断られる病歴・通院歴とは?

ネット手続きで簡単に申し込めると思ったのに…(写真:xiangtao/PIXTA)

今年3月、胸に軽い動悸を覚えた記者は、ある総合病院の循環器内科で心電図の検査をした。不整脈の所見があり、その日のうちに24時間の心臓の状態をチェックする「ホルター心電図検査」を受ける。結果は不整脈が一定時間発生しているが、特に緊急で治療を要するものではないとのことだった。2カ月後の再検査では不整脈は発生せず、経過観察でOKということになった。

週刊東洋経済2015年7月11日号(6日発売)の特集は『トクする保険 ソンする保険』です。保険を見直す簡単な方法や、相続・争族対策など保険の気になる今を52ページで総まくりしました。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そのほかの健康診断の各種数値に異常はなく、今まで病気で入院・手術などしたこともない。健康には自信があった記者は6月中旬、年初から検討し保留になっていた定期(死亡)保険への加入を申し込む。インターネットで契約できるA生命保険会社だ。

自宅のパソコンから手続きを開始したのが日曜の夜9時ごろ。住所・氏名・生年月日・職業・年収・メールアドレスなど基本的な情報を打ち込んだ後、健康状態に関する質問に答える「告知書」に、身長・体重・障がいの有無、5年以内の疾患、3カ月以内の診察・検査・治療歴などありのままを記入した。

当然ながら不整脈のことも正確に告知。最後に保険料決済用にクレジットカードの番号まで入力を求められた。この間、初めてのネットでの手続きということもあり、1時間ほどかかった。

引き受けできない理由は「答えられない」

翌月曜日の11時前。A生命保険会社からメールが届いた。「定期(死亡)保険は引き受けられない」という謝絶の通知だった。理由はいっさい記載されていない。納得のいかない記者がコールセンターにすぐに電話をして理由を聞いたところ、「引き受けできない理由についてはお答えできません」と冷たく断られた――。

次ページそもそも保険会社の引き受け基準とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT