アスクル、実は「個人用通販」も順調だった

主力のオフィス用品も好調、V字回復に

2012年秋からスタートしたロハコは、2014年4月に累計利用者数が100万人に達している。その後、会員数の拡大ペースを上げ、この7月には200万人を突破した。

利用者が広がっている背景には、取り扱いカテゴリーを拡充させていることがある。2013年12月に医薬品専門店を開設したのを皮切りに、2014年8月には酒類販売免許を保有する会社をM&Aで取り込み、酒類販売を可能にした。また、今年4月には化粧品の取り扱いを開始している。

そのほかにも、データ分析に伴う緻密で効果的な値付けに加え、メーカーと組んだほかでは手に入らない商品、たとえばキリンビールと共同開発した限定商品「キリン オフホワイト」などを取りそろえていることも、利用者を引きつける魅力になっているようだ。

オフィスでも新たなターゲットを取り込み

オフィス向け通販は、順調そのものだ。3度に渡る価格改定後も客足はすぐに戻り、景況感の回復も相まって、この部門の売上高は前期比6.4%増の2568億円、営業利益も同43.3%増の103億円と拡大を続けている。

なかでも建設・製造業向けに発刊した新カタログと、医療・介護分野向けの商品拡充が奏功した。両分野だけで新規顧客が15万社も新たに加わった。医療・介護分野の顧客増大には予想外の効果もあった。専門用品だけでなく、業務用洗剤やペーパータオル、トイレの消臭剤など、生活用品が大きく伸びているのだ。こうした現場では洗濯、掃除も重要な仕事。機動的な価格戦略も当たり、ついで買いの需要を喚起することに成功した。

次ページ「いまの施設では、来春には厳しくなる」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。