対話の現場/「普通」とは何か? 対話的活用法と排除法

それでもなお、いや、それだからこそ、私たちは代表選手の姿勢や言葉によって感動し、元気づけられるのかもしれない--と、「多様性」を意識しつつも、「普通」の感覚を想定しながら書いてみた。

前提を省略した議論 その有効性と危険性

対話とは「多様性」を前提としたコミュニケーションである。だから対話に「普通」はない。「普通はこうだ」と主張したところで、その「普通」は自分にとっての「普通」でしかないのだ。

とはいえ、これは対話的発想を突き詰めて表現したもの。現実のコミュニケーションにおいては、ある程度の「普通」を想定して進めないと、あまりにも効率が悪い。

たとえば、「彼も人間なんだから、ミスだってするさ」と言うとき、「人間とはミスをするものだ」という前提が省略されている。その程度のことは「普通」にわかるだろうから、いちいち言わないのだ。ただ、「彼が人間であることと、ミスをしたことに、何の関係があるのだ?」という質問の可能性もつねに想定するのが、対話的発想である。

このように、「普通」はわかるであろう前提を省略して主張することを、「エンテュメーマ(説得推論。省略三段論法ともいう)」という。古典的な修辞技法である。

この技法は相手を説得するときに有効である。自分が省略した部分を、相手が無意識のうちに「普通」の感覚で補うことになるので、自分と相手の協働作業が自然に成り立ってしまうからだ。

これは米国のニクソン大統領が得意とする技法であった。

当時、ベトナム戦争に対する反戦運動が高まる中、ニクソン大統領は演説において「自由と生命を守るために、戦争を継続しなければならない」と、国民を説得した。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。