中国進出第4次ブームで商機うかがうメガバンク

「円高急伸と電力の制約。これでは海外に移転せざるをえない」。東日本大震災後の輸出企業の嘆き節だ。

実際には震災後の動きというわけではない。海外移転は震災前から進んでいた。特にリーマンショック後、世界経済成長の牽引車となった中国には、生産拠点としてではなく、消費を取り込むための小売り・流通企業の進出も相次ぎ中国進出は第4次ブームを迎えている。

電力に関して言えば、実は燃料高騰やCO2排出削減規制から“計画停電”や“突然停電”も多い中国。日系企業はすでにピークシフトなどの対応を経験しているという。

内需低迷が収益を直撃 国内外で中国対応を強化

大手銀行でもアジア・中国シフトは戦略の柱になっている。国内の顧客グリップ力が比較的強い地方銀行のトップ級が上海などに支店や駐在員事務所を設けているのは、得意先の日系企業の進出に伴う面が大きい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT