中国進出第4次ブームで商機うかがうメガバンク

「円高急伸と電力の制約。これでは海外に移転せざるをえない」。東日本大震災後の輸出企業の嘆き節だ。

実際には震災後の動きというわけではない。海外移転は震災前から進んでいた。特にリーマンショック後、世界経済成長の牽引車となった中国には、生産拠点としてではなく、消費を取り込むための小売り・流通企業の進出も相次ぎ中国進出は第4次ブームを迎えている。

電力に関して言えば、実は燃料高騰やCO2排出削減規制から“計画停電”や“突然停電”も多い中国。日系企業はすでにピークシフトなどの対応を経験しているという。

内需低迷が収益を直撃 国内外で中国対応を強化

大手銀行でもアジア・中国シフトは戦略の柱になっている。国内の顧客グリップ力が比較的強い地方銀行のトップ級が上海などに支店や駐在員事務所を設けているのは、得意先の日系企業の進出に伴う面が大きい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT