日立製作所と三菱重工、経営統合実現は不透明

日立製作所と三菱重工、経営統合実現は不透明

経営統合に向けた協議を進めていることが明らかになった日立製作所と三菱重工業。日本経済新聞の特報に対し、4日朝、日立製作所の中西宏明社長は報道陣に協議に入っていることを認め、「夕方に発表する」とまで語った。実現すれば、売上高でトヨタ自動車に次ぐ巨大インフラ企業が誕生するというビッグニュースだ。

しかし、両社の公式コメントは全面否定。報道について日立は「そのような事実はありません」と事実関係そのものを否定、「事実でない以上、発表も行わない」(広報・IR部)としている。三菱重工のコメントは、さらに否定のトーンがきつく、「当社が決定した事実もないし、合意する予定もない」と、今後の可能性まで否定している。

日立と三菱重工は、これまでにも水力発電システムの統合で合意したり、海外向けの鉄道システム事業で提携するなど近しい関係にある。協力を検討している案件が多数あることは事実だが、経営統合が実現するかどうかは非常に不透明だ。

(写真は昨年5月の中計説明会における日立・中西社長)

(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT