日立製作所と三菱重工、経営統合実現は不透明

日立製作所と三菱重工、経営統合実現は不透明

経営統合に向けた協議を進めていることが明らかになった日立製作所と三菱重工業。日本経済新聞の特報に対し、4日朝、日立製作所の中西宏明社長は報道陣に協議に入っていることを認め、「夕方に発表する」とまで語った。実現すれば、売上高でトヨタ自動車に次ぐ巨大インフラ企業が誕生するというビッグニュースだ。

しかし、両社の公式コメントは全面否定。報道について日立は「そのような事実はありません」と事実関係そのものを否定、「事実でない以上、発表も行わない」(広報・IR部)としている。三菱重工のコメントは、さらに否定のトーンがきつく、「当社が決定した事実もないし、合意する予定もない」と、今後の可能性まで否定している。

日立と三菱重工は、これまでにも水力発電システムの統合で合意したり、海外向けの鉄道システム事業で提携するなど近しい関係にある。協力を検討している案件が多数あることは事実だが、経営統合が実現するかどうかは非常に不透明だ。

(写真は昨年5月の中計説明会における日立・中西社長)

(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT