ダイハツ新社長「トヨタと組みながら戦っていく」 不正防止策受けた開発計画を年内にも策定

拡大
縮小
会社員人生38年のうち海外駐在は20年以上で、最後の15年は新興国で過ごしてきた。ブラジル、チリ、ペルー、コロンビアといった国々の人々に囲まれ「その状態が楽しかった」。危機に対してアドレナリンが出るタイプだという(記者撮影)
認証不正で全車種出荷停止という前代未聞の事態を引き起こしたダイハツ工業。不正が起きた認証部門の人員強化など再発防止策をまとめ、国土交通省から受けた出荷停止処分も4月19日に全27車種で解除された。ただ、毀損したブランド力の回復も含めた経営再建はこれからだ。
2月に親会社のトヨタ自動車の中南米本部本部長からダイハツ社長に就任した井上雅宏氏が、報道各社のインタビューに応じ、再発防止策や経営戦略の方向性について語った。

まじめであるが故に背伸びした

――就任後2カ月が経ちましたが、ダイハツの課題をどう見ていますか。

いい驚き、発見がたくさんあった。まじめな人が多く、軽自動車という限られたサイズの中で、どれだけいい車をつくれるのかという歴史と情熱に大変驚いている。一方、まじめでありすぎるが故に背伸びした部分があった。無理だと言わなきゃいけないにもかかわらずできなかったのは、縦割り組織や機能軸が強すぎた部分があったと改めて認識した。

今は経営改善、風土改善を進めている。例えば、統括部長と統括副部長を5月1日から廃止する。部長以上で5階層あった階層を3階層にする。そうすることで決裁レイヤーを減らす。

――生産や開発はどのように再開していきますか。

今期も厳しい年になる。生産を再開したいが、お客様にお買い求めいただいて、初めて生産につながる。受注が従来通りいくとは思っていないし、日本で失った信頼もある。取り戻すことは大変だと思う。短期的には信頼、安心を取り戻すべく取り組みを続けていく。

開発面では、将来を見通すと脱炭素、電動化の問題がある。さらにこれからは環境に加えて、安全規制も進んでいく。それらに適合する車を開発することだけでなく、電動化という大変(負担が)重い、時間のかかる開発を伴う。

そこでダイハツ単独なのか、トヨタにどこで力を借りるのか、小型車ならダイハツの力をお貸しするのか、こういう議論を始めるところだ。年内にはある程度の方向性を決めていきたい。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT