最強のひとり旅"適齢期"、旅を楽しむ7つの秘訣 何歳になっても新しい刺激が自分を活性化

拡大
縮小

「この自由さが、ひとり旅の醍醐味でもありますよね。年齢的に心身の鬱々が増えてきたこともあり、何か好きなことをしようと、思いきってひとり旅をするようになりました。

旅で自分だけの時間をゆっくり過ごすと心の栄養になり、気持ちもリフレッシュ。たった1泊でも心が晴れて、脳が活性化し、私のなかの“ごきげん貯金”がたまっていきました。機嫌がいいと、家族にも優しくなれた気がします」

一人で買い物を楽しむ山脇りこさん
自分の行きたい店に好きなだけいられるのもひとり旅のよさ(出所:『大人ひとり旅のはじめ方』、撮影:深澤慎平)

学生時代から旅行好きだったという山脇さんですが、結婚後の旅はほとんど夫と一緒。ひとり旅を復活させたもう一つのきっかけは、グループで訪れた台湾旅行でした。

「私だけ宿へ先に戻ることになって、先輩から『ひとりで大丈夫?』と聞かれて。えっ、私はひとりで台湾の街すら歩けない人間だと思われている?と驚きで(笑)。

結婚前にひとり旅の経験はありましたが、言われてみれば30年近くしていない。私にもまだできるのかな? できないかも?と考えました」

"初めて"があるから楽しい

その台湾旅行から3カ月後、山脇さんは国内1泊のひとり旅を決意。何度も訪れたことのある安心感を理由に、行き先は京都に決めました。

「ところが……京都駅で降りた途端にドキドキそわそわ。宿にチェックインしたものの、ひとりでどうしたらいいの?と落ち着きません。

結局、ひとり外食はハードルが高く、お気に入りのさばずしをテイクアウト。ホテルの部屋で食べて、その日はさっさと寝てしまいました(笑)」

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT