トップは1坪1.8億円「全国地価ランキング505」 大阪、名古屋、横浜、福岡からも上位にランクイン

拡大
縮小
公示地価 銀座4丁目
銀座4丁目交差点(写真:まちゃー/PIXTA)

国土交通省が3月に発表した地価公示(2024年1月1日時点)では、全用途の全国平均は2.3%上昇、バブル期以来33年ぶりの伸び率を示した。本稿では、1平方メートル当たりの地価の高い「上位505地点」をランキングした。

国土交通省の「不動産情報ライブラリ」で公表されている各地点の鑑定評価書から、上位の地点の特性を見ていく。

→地価の“上昇率”でランキングした「20%超は29地点『全国地価上昇率ランキング500』」はこちら。

1000万円超えは60地点に

首位は東京都の商業地である中央区銀座4丁目。1平方メートル当たり地価は5570万円で、坪当たりに換算すると、約1.8億円となった。鑑定書には、「近隣は我が国を代表する商業地域として国内外に高い名声を誇り、売買・賃貸共に需要は強いが、供給は極めて少ない。低層階店舗賃料は上昇傾向にあり、取引利回りは低下傾向で、地価は上昇傾向」と記載されている。

4位までは銀座の商業地が占め、15位までは東京都内の地点が続くが、16位には大阪市の商業地である北区大深町がランクイン。地価は同2360万円となった。「梅田中心部の大型オフィス需要は堅調であり、都心における百貨店、飲食店等についてもコロナ禍が明け回復基調が鮮明であり、さらなる回復が期待される」とある。

東京、大阪以外で上位にランクインしたのは、24位の愛知県名古屋市の中村区名駅4丁目で、地価は同1950万円。32位に入った神奈川県横浜市の西区南幸1丁目は同1660万円、49位の福岡県福岡市の中央区天神1丁目は同1180万円となった。

(※外部配信先では図表などの画像を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT