首位1坪258万円「地価が高い神奈川の住宅地501」 上位60地点が1平方メートル当たり40万円以上

拡大
縮小
武蔵小杉駅周辺の高層タワーマンション群(写真:Ryuji/PIXTA)

国土交通省が3月に発表した地価公示(2024年1月1日時点)では、神奈川県内の住宅地の前年比上昇率は2.8%となった。本稿では、神奈川県で「住宅地」に分類されている約1300の中から、1平方メートル当たりの地価が高い「上位501」地点をランキングした。

国土交通省の「不動産情報ライブラリ」で公表されている各地点の鑑定評価書から、上位のエリアの特性を見ていく(※鑑定書には地番や住居表示があるが、本稿は最寄り駅で表記)。

→「20%超は29地点『全国地価上昇率ランキング500』」はこちら。

トップ5は60万円以上

首位の武蔵小杉(川崎市中原区)は、78.2万円(1平方メートル当たり)。坪当たりに換算すると、約258万円となった。鑑定書には、「人気の高い武蔵小杉駅徒歩圏の住宅地であり、利便性が非常に良好であることから、マンション適地として稀少性は高い」と記載されている。

2位の石川町(横浜市中区)は、同78.0万円。「需要者は会社経営者、資産家層、富裕層等を中心とした個人である。供給はさほど多くはないものの、建物品等の高い中古戸建住宅や大邸宅跡地の分譲宅地売買がみられる。一方、山手ブランドやその希少性に対する需要は底堅く存在し、高値での取引も多い」とある。

(※外部配信先では図表などの画像を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT