OpenAI日本法人に「AWSジャパン前社長」が移籍 4月中旬開設の東京オフィスで重要任務担う?

拡大
縮小
OpenAIのサム・アルトマンCEOとOpenAIのロゴ
サム・アルトマンCEO(左)らが2015年に設立したOpenAI。4月15日に開設する東京オフィスはアジア初の拠点となる(左写真:尾形文繁撮影、右写真:Bloomberg)

クラウド王から生成AIの寵児へ、華麗なる転身だ。

クラウドインフラで世界最大手のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)の日本法人で12年にわたり社長を務めた長崎忠雄氏が、OpenAIが新たに開設した日本法人に移籍したことが東洋経済の取材でわかった。

生成AIの火付け役となった「チャットGPT」の開発会社であるOpenAI。4月15日にアジア初の拠点として、東京オフィスを開設する。日本での採用や法人セールス、カスタマーサポートなどを担うほか、AI活用をめぐる制度整備に向けた議論にも積極的に参加する方針だ。

長崎氏は3月12日付で、「OpenAI Japan合同会社」の職務執行者(合同会社の代表社員が法人の場合に選任が必要な、現実に職務を執行する者)に就任した。前職のAWSの日本法人でも職務執行者を務めており、業界関係者からは「実質的な社長の役割を務めるのでは」との声が上がる。

国内でのクラウド普及の功労者

長崎氏は1969年生まれの55歳。1993年にアメリカのカリフォルニア州立大学ヘイワード校・理学部数学科を卒業し、西武ポリマ化成に入社。海洋資材の海外販売に従事した後、デルやF5ネットワークスジャパンを経て2011年にAWSの日本法人へと移籍し、翌年2月に社長に就いた。

AWS日本法人前社長の長崎忠雄氏
AWSの日本法人社長を12年にわたり務めた長崎氏。写真は今年1月の説明会での様子(記者撮影)

AWSが日本において本格的に活動を始めたのは、2009年8月。データセンター運営やマーケティング、カスタマーサービスなどを行うため、アマゾン データ サービス ジャパンを設立したタイミングだ。

長崎氏は、アマゾンが東京にデータセンター群を開設した2011年からAWSの日本法人をけん引。2018年には大阪でもデータセンター群開設を実現させるなど、日本におけるクラウド普及の功労者として知られている。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT