パズドラ、ついに売り上げトップから陥落

5月の人気スマホゲームランキング

(写真:Taka/PIXTA)

恒例!月に1度のAppAnnieのスマホアプリランキング速報をお届けする。今回は6月24日に同社が発表した5月分のランキング。第10位までのダウンロード、売り上げランキングを、中軸のカテゴリであるゲームアプリ(iOSとGoogle Playの合計)について見ていく。なお、ランキングの対象になっている地域は日本国内だ。

ダウンロード数の首位はLINEの「ディズニーツムツム」。メッセージングアプリのデファクトになったLINEは、ゲームでも大きな強みを発揮している。2位に急浮上したLINE Bubble 2も、LINEの人気ゲームの後編だ。ベスト10のうち4本がLINEのタイトルで占められている。

4位にはスクウェア・エニックス、5位にはセガ・サミーという老舗のタイトルがランクインした。

アイテム課金などの収入が多いタイトルを順番に並べた売り上げランキングでは、ついに横綱の交代劇が起きた。ガンホーの「パズル&ドラゴンズ」が首位から陥落し、ミクシィの「モンスターストライク」にその座を譲ったのだ。

急浮上したのが、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト モンスターズ・スーパーライト」。シリーズの楽しさをそのままに、スマートフォンで手軽に冒険を楽しめるRPGだ。2014年1月配信の作品で、決して新しい作品とはいえないが、今年5月には1300万ダウンロードを突破。ドラクエには根強いファンがいることを証明した。

10位にランクインしたコナミの実況パワフルプロ野球も、ドラクエ同様、従来の家庭用ゲームからの移植作品だ。こうした老舗メーカーのIPは、スマホ上でも高い人気を誇っており、課金も好調なようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT