最新!これが人気スマホアプリ「トップ10」だ

4月に浮上したゲームタイトルは?

4月の人気ゲームアプリは?(写真:Ushico/PIXTA)

AppAnnieのスマホアプリランキング。今回は5月20日に同社が発表した4月分のランキングについてリポートする。第10位までのダウンロード、売り上げランキングを、中軸のカテゴリであるゲームアプリについて見ていく。地域は日本国内だ。

ダウンロード数の首位は「LINE POP2」だ。昨年12月にリリースされた定番パズルアプリだが、3月末から4月初旬にテレビCMを放映。その際に1時間遊び放題という特典を付けた効果もあり、一気に浮上したかっこうだ。

2位も同じLINEの「ディズニーツムツム」。メッセージングアプリのデファクトになったLINEは、ゲームでも大きな強みを発揮している。一方、前月首位だった「ねこあつめ」(ヒットポイント)は3位に後退した。

コナミの実況パワフルプロ野球は、従来の家庭用ゲームからの移植作品。こうした老舗メーカーのIPがどれだけスマホ上でも伸びていくかが今後の注目点といえる。一時期は首位を走っていたリイカの単純な物理応用型パズルゲーム「Q」は10位にまで落ち込んでいる。ダウンロードランキングは、栄枯盛衰が激しい。

一方、アイテム課金などの総合計を推計した売り上げランキングはパズドラ、モンスト、ツムツムなどロングセラーゲームが上位を占めており、トップ5までが不動。主な動きとしては、LINEのPokoPokoが6位から9位へ落ち込んだ一方、サイバーエージェントの戦国炎舞KINZAが15位から10位へと浮上した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。