最新!これが人気スマホアプリ「トップ10」だ

4月に浮上したゲームタイトルは?

4月の人気ゲームアプリは?(写真:Ushico/PIXTA)

AppAnnieのスマホアプリランキング。今回は5月20日に同社が発表した4月分のランキングについてリポートする。第10位までのダウンロード、売り上げランキングを、中軸のカテゴリであるゲームアプリについて見ていく。地域は日本国内だ。

ダウンロード数の首位は「LINE POP2」だ。昨年12月にリリースされた定番パズルアプリだが、3月末から4月初旬にテレビCMを放映。その際に1時間遊び放題という特典を付けた効果もあり、一気に浮上したかっこうだ。

2位も同じLINEの「ディズニーツムツム」。メッセージングアプリのデファクトになったLINEは、ゲームでも大きな強みを発揮している。一方、前月首位だった「ねこあつめ」(ヒットポイント)は3位に後退した。

コナミの実況パワフルプロ野球は、従来の家庭用ゲームからの移植作品。こうした老舗メーカーのIPがどれだけスマホ上でも伸びていくかが今後の注目点といえる。一時期は首位を走っていたリイカの単純な物理応用型パズルゲーム「Q」は10位にまで落ち込んでいる。ダウンロードランキングは、栄枯盛衰が激しい。

一方、アイテム課金などの総合計を推計した売り上げランキングはパズドラ、モンスト、ツムツムなどロングセラーゲームが上位を占めており、トップ5までが不動。主な動きとしては、LINEのPokoPokoが6位から9位へ落ち込んだ一方、サイバーエージェントの戦国炎舞KINZAが15位から10位へと浮上した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT