有料会員限定

EVシフトに直面する中小企業と地方自治体の苦悩 「どうしていいかわからない」と様子見も多い

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12
拡大
縮小

EVシフトが叫ばれるようになって久しいが、足元ではその変調があらわになっている。どのように対応すべきか、中小の自動車部品メーカー、地域経済を自動車産業に依存する地方自治体も悩みを抱えている。

さいたま市で開かれた中小企業の受注拡大・販路開拓のためのビジネスマッチングイベント「彩の国ビジネスアリーナ」。主催者に埼玉県や埼玉県産業振興公社が名を連ねる(記者撮影)

特集「EVシフトが揺るがす自動車産業ピラミッド」の他の記事を読む

今年1月下旬、さいたま市にある「さいたまスーパーアリーナ」で中小企業の受注拡大・販路開拓のための展示会「彩の国ビジネスアリーナ」が開かれていた。

この場に出展していたのが、完成車メーカー向けにカムシャフトといったエンジン部品のプロトタイプ(試作品)など、小ロット部品を生産する日生工業(埼玉県美里町)。加賀新一常務取締役は「エンジンの新規開発の案件は減り始めている」と語る。

同社はここ数年、新分野に力を入れており、風力発電用軸受の試作品の受注を獲得するなど成果も出てきた。7~8年前までは自動車向けの試作品がほとんどだったが、徐々に顧客のポートフォリオが広がってきた。「多品種少量生産の軸物部品に対する需要はまだまだある」と、手応えを感じている。

自動車以外の仕事をもっと増やすには、これまで接点のなかった顧客に自社の存在を知ってもらう必要がある。そんな狙いでこの展示会に参加したという。

きっかけづくりに展示会を活用

内燃機関(エンジン)向けの切削部品が主力の島野精機(同県滑川町)。内燃機関関連が売上高全体の9割を占める同社も、既存取引の縮小は避けられないと見越し、新規の顧客開拓に力を入れてきた。これまで260社ほどにアプローチして建設機械向け部品を受注するなど一定の成果が出ている。

さらなる顧客開拓を狙って、昨年からこうした展示会に出展するようになった。今回の展示会では「プロトタイプや図面を持ってきてくれた来場者もいた。商談のきっかけができた」と対応してくれた営業マネージャーは語った。

次ページ埼玉は意外にも自動車県の1つ
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EVシフトが揺るがす自動車産業ピラミッド
相次ぐ再編・参入・撤退に動揺するサプライヤー
組織変革進める独メガサプライヤーが示す自信
東海理化社長が「脱トヨタ、脱系列」を掲げる訳
武蔵精密が挑むエンジン部品会社からの脱却
日本特殊陶業・川合社長が語るEVシフトの本音
住友ゴム、ブリヂストンなどが導入加速
ベアリング必要数3割減でも、「成長のチャンス」
ブレーキはなくならない。性能要求が高くなる
変速機メーカーがeアクスルに託すEV化の活路
脱「自動車メーカー頼み」へ系列部品会社の挑戦
CEOが語る再建の現状、日産との連携、中国戦略
「どうしていいかわからない」と様子見も多い
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内