有料会員限定

曙ブレーキが狙うEV時代の「ブレーキの勝ち筋」 ブレーキはなくならない。性能要求が高くなる

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

EVシフトの影響があるのはエンジン関連企業だけではない。需要の変化を通じて自動車産業にかかわるあらゆる企業に影響を及ぼす。それは危機であると同時にチャンスでもある。自動車ピラミッドはどこに向かうのか――。

ブレーキはなくならないが求められる性能が高くなる。交換周期が長くなることで単にモノを売るだけではいけなくなる、と宮地社長は語る(撮影:梅谷秀司)

特集「EVシフトが揺るがす自動車産業ピラミッド」の他の記事を読む

曙ブレーキ工業は国内外の自動車メーカーを顧客に抱える独立系の大手ブレーキメーカーだ。ただし業績は苦戦が続く。2019年に事業再生ADR手続きの下で金融支援を受け、現在は経営再建に取り組んでいる。そんな中で加速するEV(電気自動車)シフトにどう対応するのか、宮地康弘社長に直撃した。

高性能化要求が進んでいる

――EVが増えていくとブレーキメーカーにとってどういう影響がありますか。

摩擦ブレーキがなくなることは当面ない。ただ、求められる性能が変わってくる。大量のバッテリーを搭載するためEVはこれまでのエンジン車より重くなる。タイヤを回す力(トルク)も大きくなるので急ブレーキの性能はむしろ必要となる。

もう少し細かく説明すると、現時点ではEVは車体前方が重い"フロントヘビー”が主流であるため、フロント(前輪)ブレーキの高性能化要求が進んでいる。一方、リア(後輪)のブレーキは「回生ブレーキ」があるので、ブレーキに大きなパワーは求められない。そういった変化が起きている。

次ページブレーキ性能への要求は地域でこんなに違う
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EVシフトが揺るがす自動車産業ピラミッド
相次ぐ再編・参入・撤退に動揺するサプライヤー
組織変革進める独メガサプライヤーが示す自信
東海理化社長が「脱トヨタ、脱系列」を掲げる訳
武蔵精密が挑むエンジン部品会社からの脱却
日本特殊陶業・川合社長が語るEVシフトの本音
住友ゴム、ブリヂストンなどが導入加速
ベアリング必要数3割減でも、「成長のチャンス」
ブレーキはなくならない。性能要求が高くなる
変速機メーカーがeアクスルに託すEV化の活路
脱「自動車メーカー頼み」へ系列部品会社の挑戦
CEOが語る再建の現状、日産との連携、中国戦略
「どうしていいかわからない」と様子見も多い
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内