日本の不動産市場は、バブルでなく「HOT」

不動産世界大手、CBREのトップに聞く

米不動産サービス大手CBREのトップは、日本の不動産市場をどう見ているのか(撮影:尾形文繁)
国内の不動産市場では、大型物件の売買が活発化している。昨年から今年にかけて、「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」や「目黒雅叙園」など、外資系法人による高額物件の売買が増えている。景況感の改善を背景にオフィス需要も旺盛で、都心部では数多くの再開発プロジェクトが控える。
バブルの様相を帯びつつある不動産市場に過熱感はないのか。世界42カ国で350拠点を展開する米不動産サービス大手、CBREのボブ・スレンティックCEOに聞いた。

不動産投資はオーバーヒートしてない

――日本の不動産市場は「過熱ぎみ」との指摘も出ています。足元の状況をどのように分析されていますか。

日本、特に東京は、世界で最も重要な不動産市場の1つだ。足元では、不動産投資先として世界的に見ても特に人気がある。企業業績が好調なので、オフィスビル需要も旺盛だ。

だが、しばらく活況が続いてきたので、価格高騰、投資物件の枯渇など、ネガティブな面も出てきている。そのため、当面はこれまでの状況に比べると、やや停滞ぎみになるかもしれない。

不動産投資という点でいえば、オーバーヒートはしていない。だが、明らかに「ホット」だ。

――日本の不動産への投資意欲が高いのは、ほかの国々と比べるとまだ割安感があるからでしょうか。

価格に割安感があるというわけではない。今、東京が人気なのは、グローバル企業が大きな拠点を置く都市として選ばれているからだ。

次ページアジアにおける日本の地位は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT