KDDI、サミット開催地でつなぐ「光の道」

インターネットを支える海底ケーブルとは

船から降ろされたケーブルを海岸側の作業員が引き上げる「陸揚げ」

多くのユーザーが利用する、フェイスブックやツイッターなどのSNS、YouTubeをはじめとする動画配信サービス。こうしたデータがどこからやってくるのかご存じだろうか。

答えは数千キロもの海底をはうように敷設された「海底ケーブル」。中に高性能の光ファイバーが入ったケーブルで、現在、海外通信の99%が海底ケーブルを通じて行われている(そのほかは衛星通信など)。

200キロメートルのケーブルを引き上げ

そのケーブルを、海岸側の作業員が引き上げる――。6月15日、KDDIが公開したのは海底ケーブルの「陸揚げ」作業だ。ケーブルは重すぎて陸上で輸送できないため、新たにケーブルを敷設する場合、まず海側から通信設備のある中継局に引き込む方法を取っている。今回は来年のサミット開催地で、KDDIの中継局がある三重県志摩市の海岸で行われた。

午前5時過ぎ、200キロメートル分のケーブルを積んだ大型船が沖合1.2キロに到着。6時にケーブルの引き上げ作業が始まった。海岸の作業員はケーブルとつないだロープを専用の機械で牽引し、小型船の作業員やダイバーもサポートする。

ケーブルを降ろす船と連携しながら作業を進め、先端部が海岸に到達したのは約1時間半後。ケーブルは直径3センチ程度だが(場所によって異なる)、1メートル当たりの重量は3キログラムと重い。牽引用の機械があるとはいえ、手作業も多い重労働だ。

次ページケーブル新設の理由とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。