ホンダ新「CR-V」日本導入、燃料電池車だけの訳 水素+プラグイン充電機能を持った新型SUV登場

✎ 1〜 ✎ 157 ✎ 158 ✎ 159 ✎ 最新
拡大
縮小
2024年2月28日に世界初公開となったホンダの新型燃料電池車「CR-V e:FCEV」。発売は2024年夏頃を予定し、先行予約受付開始は2月29日からとなる
2024年2月28日に世界初公開となったホンダの新型燃料電池車「CR-V e:FCEV」。発売は2024年夏頃を予定し、先行予約受付開始は2月29日からとなる(筆者撮影)

「ヴェゼル」や「ZR-V」、さらに2024年3月22日発売予定の「WR-V」と、SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)のラインナップを拡充している本田技研工業(以下、ホンダ)から新型「CR-V」国内投入が正式にアナウンスされた。

6代目CR-Vは、すでに北米でターボガソリンエンジン車とハイブリッド車が販売されているが、日本で導入されるのは今回発表された新型燃料電池車「CR-V e:FCEV」のみとなる。北米で販売中のターボガソリンエンジン車およびハイブリッド車の国内導入は未定とのことだ。

ちなみにCR-V e:FCEVについては、2024年2月28日~3月1日に東京ビッグサイトで開催される「H2&FC EXPO[春]2024~第21回[国際]水素・燃料電池展[春]~」で世界初公開となり、会場で実車を見ることもできる。

今回は、そんな世界初公開に先駆けて行われた技術説明会の内容を中心に、新型CR-V e:FCEVの情報やFCEVのみ投入した真相に迫る。

この記事の画像を見る(89枚)

6代目CR-Vについて

新型CR-V e:FCEVと、技術説明を行った本田技研工業 電動事業開発本部 BEV開発センター 開発責任者 生駒浩一氏
新型CR-V e:FCEVと、技術説明を行った本田技研工業 電動事業開発本部 BEV開発センター 開発責任者 生駒浩一氏(筆者撮影)

先代モデルとなる5代目が2022年に販売終了し、国内ラインナップから車名が消えていたCR-V。しかし、需要の多い北米では、2022年に新型となる6代目が投入され、現在も好調な販売をみせている。

次ページ日本の自動車メーカーでは初となるプラグイン充電機能を備えたFCEV
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT