日本発Netflix「忍者」物語の海外ウケ仕掛け術 賀来賢人原案の完全オリジナル「忍びの家」

✎ 1〜 ✎ 110 ✎ 111 ✎ 112 ✎ 113
拡大
縮小
Netflix最新作「忍びの家 House of Ninjas」(全8話)の世界独占配信が2月15日から開始された。原案は主演の賀来賢人。忍者が主役の家族ドラマを描く(画像:Netflix)
この記事の画像を見る(5枚)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

「服部半蔵」の血を引く忍者の家族ドラマ

ありそうでなかった忍者が主役の家族ドラマがNetflixに登場しました。2月15日から世界独占配信を開始した新シリーズ「忍びの家 House of Ninjas」(全8話)です。スパイアクションはもちろん、事件の真相を追う重厚感も、身近に感じる家族の姿もあります。シリアスとユーモアの絶妙なバランスを保ちながら攻めています。2月20日(アメリカ時間)に発表されたNetflix公式のグローバルTOP10 ランキングでは配信開始初週から2位(非英語TV部門)と好発進です。

「ギャップに萌えるドラマ」というのがより正しい表現なのかもしれません。1分数十秒の冒頭からそんな期待が高まります。黒装束に身を包んだ忍者一家が現れ走り、敵を斬り倒すシーンのバックに流れているのはメロウな洋楽。現代の政治がらみの事件背景があることを匂わせます。忍者と世界配信ドラマという掛け合わせからは、和の強調や血みどろ感を想像できそうですが、実はそうではないのです。

伝説の忍者「服部半蔵」の血を引く日本最後の“忍び一家”という壮大な設定ながら、家族ドラマに寄せていることもこの作品の意外性の1つにあります。主役である俵家の暮らしぶりから話が始まっていくわけですが、普通なようで普通じゃない独特な世界観に割とすぐに入り込めます。

次ページキャラクターの個性が見える、巧みなキャスティング
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT