小さなレクサス「LBX」の価値はどこにあるか? ヤリス系プラットフォームで仕上げた新機軸

✎ 1〜 ✎ 76 ✎ 77 ✎ 78 ✎ 最新
拡大
縮小

平面に移る景色を見ると動く速度が速く感じるが、凹面とか凸面に映った景色はなかなか消えず、多少動きがゆっくりと感じられる。その組み合わせによって、絶妙の躍動感を見ている人に与えるという。

フェンダーなどに映り込む景色に豊かな局面を感じる(筆者撮影)
フェンダーなどに映り込む景色に豊かな局面を感じる(筆者撮影)

おもしろいことに、遠藤CEは初代LSが日本で「セルシオ」として発表されたとき、さかんに喧伝された「源流主義」をもって、LBX開発にあたったと明かした。

「源流主義」を形にする作り込み

あのとき(1989年)、トヨタではセルシオのボンネット上にシャンパンクープ(グラス)でタワーを作り、エンジンを始動させても倒れない様子を映像で見せていた。

実際、私はグラスタワーの経験こそないが、初代セルシオの静粛さと軽快な運転感覚が両立した操縦性には、感嘆した。そのことは、2019年になって初代レクサスLS400を運転したときにも、再認識したのだった。

なにを作りたいか明確な目標を共有し、部品一つひとつまで精度を追求し、バランスどりしながら組み付ける工作技術が、それを裏付ける。当時は“これが源流主義の結果なのか”と私は感心した。

試乗会ではさまざまな仕様と色のLBXが用意された(写真:トヨタ自動車)
試乗会ではさまざまな仕様と色のLBXが用意された(写真:トヨタ自動車)

LSから乗り換えてもすんなり受け入れられるクルマづくりは、「かなり大変でした」と遠藤CE。「基本プラットフォームは(先述のとおり)ヤリスシリーズと共用で、しかし、軽さや買いやすさがテーマだったヤリスとLBXとは目指すところは正反対です」。

そのためボディの接着や溶接といった技術を徹底的に見直し、サスペンションシステムも、ステアリングシステムも、専用チューニングとした。

それだけではない。静粛性や乗り心地に加えて、操縦性の高さも重要な開発課題だったそうで、ドライバーズシートまわりの人間工学的な見直しも、LBXで大きく強調したい点という。

セミアニリン本革とウルトラスエード®のコンビネーションシートとなる“Cool”の内装(写真:トヨタ自動車)
セミアニリン本革とウルトラスエード®のコンビネーションシートとなる“Cool”の内装(写真:トヨタ自動車)

着座位置や操舵の際の腕の動きを考えて、ステアリングホイールの立ち方や肩からの距離、アクセルペダルやブレーキペダルに適度に体重をかけられる角度など、TAKUMIと呼ばれる評価ドライバーと膝を付き合わせて開発したという。

今回、発売されたLBXのドライブトレインは、1.5リッター3気筒エンジンを使った、おなじみのシリーズパラレルハイブリッド。駆動方式は前輪駆動か、後輪をモーターで駆動するE-Four搭載の4WDから選べる。

次ページ特に気を使った「市街地での扱いやすさ」と「音」
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT