小さなレクサス「LBX」の価値はどこにあるか? ヤリス系プラットフォームで仕上げた新機軸

✎ 1〜 ✎ 76 ✎ 77 ✎ 78 ✎ 最新
拡大
縮小

ハイブリッドシステムにおいては、発進や加速時にモーターがカバーする領域を拡大したそうだ。たしかにいずれの場合もスムーズで、メーター内のEV走行表示が点灯している時間は期待以上に長い。

車重は約1.3トンあるが、重さを感じさせずに走る。やたらな軽快さはない一方で、適度に重い操舵感や、少しゆるめのトルクの出方が、全体としてうまくバランスされていると思った。

「レクサスに3気筒でいいのか」という声もあったようだが、「このエンジンは、ヤリスやヤリスクロスをはじめ、これまでに十分な蓄積があったもので、自信をもってLBX用にチューニングできました」(エンジン開発担当の天本良氏)とのこと。

LBXのWLTCモード燃費は2WDが27.7 km/L、4WDが26.2 km/L(写真:トヨタ自動車)
LBXのWLTCモード燃費は2WDが27.7km/L、4WDが26.2km/L(写真:トヨタ自動車)

特に気をつかったのは2点。ひとつは「市街地での扱いやすさ」で、時速50km近辺で力がしっかり感じられるようなトルクカーブを実現した。

ヤリスの場合は、基本的に同じエンジンでも、トルクがゆるやかに立ち上がっていくが、LBXでは燃費を多少犠牲にしてでも、パンチがほしかったそうだ。

音に「3気筒エンジンの醍醐味」あり

もうひとつは「音」。レクサスに載せるので「雑味のない音にしなくては、と注意を払いました」(天本氏)という。各気筒の点火時期を機械的に決めるのではなく、爆発と爆発のあいだのノイズが残らないよう、微妙なチューニングを施したそうだ。

実際に走らせてみて開発者の狙いがよくわかった(筆者撮影)
左右の車輪の間隔が広くリアビューも力強さを感じさせる(筆者撮影)

上記2つの点で、このエンジンは独特のキャラクターになっている。

駆動用バッテリーの電力量が規定を下回り、エンジン走行モードになったとき、アクセルペダルを強めに踏み込んでみると、常用速度域でのドンっというトルク感を経て(だいたい2000~4000rpm)、その先のレッドゾーン近くまで一気に回る。

このとき高音の、ふだんはあまり耳慣れしていないエンジン音が響く。前出の天本氏によると「高回転域で聞こえるきれいな高音こそ、3気筒エンジンの醍醐味」だそう。エンジン音が大きいと思わず、音に耳を傾ける価値があるということかもしれない。

次ページ1.6リッターガソリンモデルも準備中
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT