北米ホンダ旗艦SUV「パイロット」4代目の快進撃 国内未発売モデル、アメリカの大地で徹底試乗

✎ 1〜 ✎ 74 ✎ 75 ✎ 76 ✎ 77
拡大
縮小
北米ホンダのフラッグシップSUV「Pilot(パイロット)」は、2022年11月に4世代目となる新型が登場
北米ホンダのフラッグシップSUV「Pilot(パイロット)」は、2022年11月に4世代目となる新型が登場(写真:平野 陽)

新型SUVの「WR-V」が話題のホンダ。WR-Vはアジアで開発と生産を行い、日本には輸入して販売する形となるグローバルモデルだ。大きさと価格帯が日本の道路環境や消費指向にマッチしているのも注目されている理由だろう。

北米ホンダのラインナップ

全長×全幅×全高は5077×1994×1800mmで、ホイールベースは2890mm。3列シートを備え、セカンドシートの仕様に応じて7名乗りか8名乗りとなる
全長×全幅×全高は5077×1994×1800mmで、ホイールベースは2890mm。専用の外装を持つ「TrailSport(トレイルスポーツ)」に関しては全長が5085mm、全高が1830mmだ。3列シートを備え、セカンドシートの仕様に応じて7名乗りか8名乗りとなる(写真:平野 陽)

対して、道幅が広く、ドライバーの体格も大きい北米においては、ホンダもより大きなSUVを販売している。現在、ホンダが北米向けに展開しているSUVで、最も車体が大きいのが「パイロット」だ。ボディサイズは標準グレードで全長が5077mm、全幅が1994mm、全高が1800mm、ホイールベースが2890mm(いずれもインチから換算)。すべてのグレードで3列シートを備え、乗車定員は7名もしくは8名となっている。

ホンダが北米で展開しているSUVは、日本で「ZR-V」として知られる「HR-V」が最も小さく、続いて「CR-V」、「パスポート」、「パイロット」の順でラインナップされている。そして、まもなくパイロットと近い大きさの新型電動SUV「プロローグ」も、2024年モデルとして登場する予定だ。

次ページ北米ホンダで販売されているSUV「パイロット」とは?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT