横浜ゴム「アドバンスポーツ」タイヤ開発秘話 欧州で鍛えた総合性能と、その未来像に迫る

拡大
縮小
アドバンスポーツについて語る、横浜ゴム●●部の不破さん
アドバンスポーツについて語る、製品企画部製品企画グルーブ グループリーダーの不破さん(筆者撮影)

1917年に「橫浜護謨製造株式会社」として設立され、100年以上の歴史を持つメーカー「横浜ゴム」。扱っている製品は、乗用車タイヤをはじめ、建設車両・産業車両用のタイヤ、またゴムホースやベルトコンベア、工業資材や航空部品、スポーツ用品など多岐にわたる。

身近な商品としては、「アドバン(ADVAN)」「ブルーアース(BluEarth)」「アイスガード(iceGUARD)」「ジオランダー(GEOLANDAR)」などのブランドを展開している乗用車タイヤがある。その中でもフラッグシップモデルとなるアドバンブランド、さらにプレミアムスポーツ向けと位置づけられているのが「アドバンスポーツ」というモデル。今回は、そんなアドバンスポーツ誕生の起源について開発者にうかがった。

アドバンスポーツ誕生のきっかけ

西村(以下、西):横浜ゴムではアドバンスポーツとしてプレミアムスポーツ性能の高いタイヤラインナップを商品化されていますが、アドバンスポーツ誕生のきっかけや経緯などを教えてください。

不破さん(以下、不):アドバンスポーツの起源は純正装着タイヤです。メルセデス・ベンツ「AMG」やBMW「M」など“プレミアムスポーツブランド”と呼ばれるモデルに純正装着タイヤとして採用されることを目指してきました。逆説的に言えば、アドバンスポーツが目指す商品性に近づけるにはプレミアムスポーツモデルを販売している欧州の自動車メーカーに食い込むこと、これが大切だと考えたのです。そのための活動は1980年代から始めていました。欧州ですので、当然ながらニュルブルクリンク(ドイツ北西部にあるプファルツ州のサーキットで車両やタイヤの開発聖地)などでもテストを重ねましたが、現在のように現地にガレージ(タイヤテストをする拠点)がなく、日本で試作タイヤをホイールに組み込み船便で運び、現地でタイヤ交換するなど、まさに手弁当的なスタイルでした。

次ページ欧州ブランドに認められ、純正採用されたアドバンスポーツ
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT