冷ややか目線と期待、「ソニー・ホンダ」が貫く我流 1年の取り組みで見えた実験場としてのクルマ

拡大
縮小
ソニー・ホンダモビリティのEV「アフィーラ」と同社の川西泉社長
この1年、筆者は複数回にわたってソニー・ホンダモビリティの川西泉社長への取材を積み重ねてきた。その中でも一貫していた川西社長のメッセージとは?(筆者撮影)

2022年10月に始動したソニー・ホンダモビリティ(SHM)。共同作業が始まって3カ月足らずのCES 2023では、同社の手がけるEV(電気自動車)のブランド名が”AFEELA(アフィーラ)”と発表され、短期間ながらも試作モデルまで展示されていた。

あれから1年。CES 2024では、新たな試作がお披露目された。突貫工事でデザインされていた車体は細部に有機的な表情が加えられ、真っ白なTシャツとストレートのブルーデニムにも例えられるようなシンプルな外観コンセプトは変わらないものの、より量産品を意識した仕様になってきた。

試作モデルとしても第2世代に入ったAFEELAは、この1年で何が変わったのか。そこから見えてきたのは、多くの一般的な自動車メーカーとは異なる角度から、EVの付加価値を創造しようとしていることだ。

集まる期待と冷ややかな目線の両極

SHMが誕生する前、ソニーが単独でコンセプトカー「Vision-S」を開発していたころは、当時業績が急回復していたソニーがどんな新しい提案をしてくるのかと、その自由な発想に熱視線が集まった。

「自動車がネットにつながり、電動、自動化が進むことでスマホ的になっていく」といったビジョンに加えて、機械的価値からコンピュータソフトウェアによる価値で定義するクルマ(Software Defined Vehicle:SDV)へと変化させるイノベーションに対する期待は大きかった。

”iPhoneのようなクルマ”と言われるテスラのように、常識にとらわれない新しいクルマを生み出してくれる期待感が、ソニーの自動車への取り組みにもあったのだ。

これは現在も大きくは変わらない。ソニーとホンダはともに、そのジャンルの寵児として業界を刷新してきた。両社が組むことにより、”これまでの自動車メーカーにはない”価値を生み出し、常識を打ち破る何かをしてくれるという期待は今なお大きい。

一方で冷ややかな目線があるのも、これまた事実だ。

次ページ価格に見合う価値を作れるのか?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT