絵を描く入試問題は、学生のここを見ている

「身近な動物」を描けない子どもが増えたワケ

実際のニワトリ、ハエはこちら。皆さん正確に描けたでしょうか?(写真上:Sa-Ga / PIXTA、写真下:HAKU / PIXTA)

連載の第1回「コートの男で小論文」の記事中にも記したように、われわれは目先の情報を獲得することに奔走し、心のゆとりや、さらに言うならば本来人間に備わっているべき人間性のようなものを喪失しつつあるのではないか。

確かに小学校にニワトリ小屋がなく、生き物に直に触れることのない子どもたちが増加していることはわかる。また、衛生面の向上から、ハエも身近には見られなくなっているのも事実である。

だが、数学が100点だからという理由だけで、4本足のニワトリを描くような秀才君が医学部の門をくぐることになるとしたら、どこか不安だと感じる人は多いだろう。それは大学側も同じように案じていることなのである。

正確な絵を描く子の特徴は?

ところで、私はこの講義の後、30名の子どもたちの出身地や模試の成績と絵のレベルに何か相関関係がないか、検討してみた。先に断っておくが、対象となる母集団が多くないため、この情報だけをもって何らかの現象を特定し、決め付けることはできない。

だが、いくつかの興味深い傾向が見て取れた。それは、極端に模試の成績が良く、かつ地方出身の女子に、実像に近い優れた絵を描く子どもが多かったという点である。一方、都会育ちの男子で、小学校から私立で育った子どもの絵は、総じて稚拙な感じで誤りを含んでいた。

なんとも言えないが、やはり育まれた環境が子どもの特性に大きく影響し得ると考えられる。さらに、観察力、記憶力など複数の能力が絵の完成度に影響を及ぼしているのかもしれない。

いずれにせよ難関医学部入試では、この問題のように、あらゆる方面から子どもの観察力、推理力と、それが形成されてきたバックグラウンドを探ろうとする傾向が強まっているのである。

このほかにも、医学部入試に関する情報を小林公夫オフィシャルサイトにて紹介しております。ぜひ、併せてご覧ください。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。