自衛隊、フィリピン軍との共同訓練本格化

哨戒機P3Cを派遣

 6月9日、海上自衛隊とフィリピン海軍は今月下旬、災害救援を想定した共同訓練を南シナ海で実施する。写真は海自の対潜哨戒機「P3C」。昨年4月撮影(2015年 ロイター/Samsul Said)

[東京/マニラ 9日 ロイター] - 海上自衛隊とフィリピン海軍は今月下旬、災害救援を想定した共同訓練を南シナ海で実施する。両国の共同訓練は5月に続き2度目。日本は今回、哨戒機を派遣する計画で、中国と領有権を争うフィリピンとの訓練を徐々に本格化させる。

防衛省関係者によると、訓練は23日、または24日にマニラの南西沖で行う。海自は対潜哨戒機「P3C」を、フィリピン海軍は艦船や航空機を派遣し、不明者の捜索や救難などの訓練を行う方向で調整している。

両国は5月上旬に、南シナ海で初の共同訓練を実施。他国艦船との予期せぬ衝突を防ぐ「海上衝突回避規範(CUES)」を確認した。海上自衛隊の関係者は「1月に交わした防衛協力の覚書、先日の両国首脳会談の共同声明に基づき、着実に訓練を重ねていく」と話す。

日本とフィリピンの政府関係者によると、両国は自衛隊が訓練などでフィリピンを訪れる際の手続きを簡素化する「訪問部隊地位協定」の締結に向けた議論も進めている。

中国が岩礁の埋め立てなど南シナ海への進出を活発化させる中、日本とフィリピンは安全保障の協力関係を強めつつある。6月4日のアキノ大統領と安倍晋三首相の会談では、日本から防衛装備を移転するための交渉開始など、協力を拡大することで一致した。

 

(久保信博、マニュエル・モガト)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT