利他のすすめ 大山泰弘著

利他のすすめ 大山泰弘著

日本理化学工業は黒板用チョークで日本一の中小企業だが、どのようにして知的障害者55人(全社員の74%)が立派に働く会社に育ったかの体験談と、そこから学んだ心の持ちようを同社会長が語った書。当初は一人でも難しいと思った障害者の雇用だったが、さまざまな困難を乗り越えながら雇用数を増やしていくさまがつづられる。突然、暴れ回る人、あるいは無断欠勤が度重なる人にどう対応したか。単なる説得では効果がないと知った社員の取った方法が面白い。

これは苦闘の記念碑であるとともに、著者開眼の記録でもある。障害者を含めた社員たちから学べたことに感謝する立場から、人の役に立つことで自分も幸せになりプラスまで回ってきたという。障害者に利他の精神を教えられたというだけでなく、経営や対人関係の要諦が一般化されて語られているために、多くの示唆が得られる。あまたの経営ノウハウ書以上に学ぶことは多いだろう。(純)

WAVE出版 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT