カリスマ・野口美佳社長辞任の顛末

大赤字のピーチ・ジョン

大赤字のピーチ・ジョン、カリスマ・野口美佳社長辞任の顛末

カリスマ女性実業家として名を馳せた野口美佳氏が、自ら創業した「ピーチ・ジョン」(PJ)の社長の座を追われた。親会社のワコールホールディングスは6月10日、同氏の取締役降格を発表。社長はワコールHDの川中英男副社長が兼務する。

1994年創業のPJは、20~30代女性をターゲットとした海外輸入下着のカタログ通信販売で、一世を風靡。芸能界などの幅広い交友関係と、キャリアウーマンとしての自らを広告塔とし、最盛期の2006年5月期には売上高173億円まで拡大した。

が、それ以降は低迷の一途をたどり、11年2月期は2期連続の営業赤字。赤字額は30億円に上り、11年3月期の営業利益42億円のワコールにとって最大の足かせだ。

ワコールの誤算

不振の要因はPJブームの一巡に加え、インターネット販売への対応の遅れにある。通販市場ではZOZOTOWNや楽天市場などが急速に台頭。その間、PJはカタログ通販から脱皮が進まず、売り逃しが多くなった。

さらに野口氏と親交があったタレントの刑事事件などもあり、「イメージダウンがあった。もはや野口美佳ブランドだけでは売れない時代になった」(塚本能交ワコールHD社長)。

ワコールにとっても、PJの不振は大きな誤算だ。

20~30代女性市場の深耕を狙い、06年にPJの共同経営者だった野口氏の元夫から49%の株式を約150億円で取得。08年には完全子会社化した。その際の株式交換で野口氏はワコールの4位株主に浮上。これは単なる買収ではなく、「(ワコールの若者市場開拓へ)いろんな提案をしてほしい」(塚本社長)と、野口氏の経営手腕に期待してのものだった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。