【産業天気図・証券】日本株復活でネット証券の『晴れ』続く

ネット専業証券の天気は「快晴」。
 折からの日本株の復活もあり、若年層や投資初心者層へと個人投資家の裾野は拡大。新規の投資家を証券市場に呼び込むうえでも、インターネット専業証券が主役の座を演じている。今年5月に楽天証券<非上場>がイー・トレード証券<8701.ジャスダック>に仕掛けた手数料引き下げ競争は、楽天の相次ぐシステムトラブルの影響もあって、現在は休戦状態。ネット専業各社の今期の業績は、株式相場の活況を満喫して大幅な最高益更新が期待される。利益トップの松井証券<8628.東証>では、りそなとの提携を第1号とする金融機関窓口での口座開設勧誘が本格稼働。2006年1月からはシンプレクス社のリアルタイム取引ツールを全顧客に無料提供するなど、顧客利便性の向上にも積極姿勢を見せる。シェアでトップを走るイー・トレード証券は12月末をメドに150万口座体制のシステムを構築するなど、シェア首位固めに余念がない。同社の上半期IPOの引き受け件数は全証券中で首位。株式ブローカレッジで築いた顧客基盤を生かし、外債販売や投資銀行業務も伸びており、2006年3月期には利益でも松井証券との差を一段と詰めそうな勢いだ。
【水落隆博記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT