坂元裕二とNetflix初タッグ「世界7位」で見えた事 吉沢亮と宮﨑あおい主演「クレイジークルーズ」

✎ 1〜 ✎ 106 ✎ 107 ✎ 108 ✎ 最新
拡大
縮小
坂元裕二のオリジナル脚本によるNetflix映画『クレイジークルーズ』独占配信中。初週のNetflix公式非英語映画ランキングで世界7位をマークした(画像:Netflix)
この記事の画像を見る(5枚)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

エンタメ度高めのオリジナル脚本

今年のカンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した脚本家で、「最高の離婚」「カルテット」「大豆田とわ子と三人の元夫」など人気ドラマを手掛ける坂元裕二がNetflixと手を組み始めています。その第1弾作品として11月16日からNetflixで世界独占配信されたのが、オリジナル長編映画『クレイジークルーズ』です。初週の公式非英語映画ランキングでは世界7位と、まずまずの結果を残しています。

ストーリーは原作のないオリジナルです。坂元裕二はオリジナル脚本が書ける日本の数少ない脚本家の1人ですから、Netflixとの初タッグもゼロから生み出し、作られた内容は殺人ミステリーとラブコメを掛け合わせたエンタメ度の高い作品でした。エーゲ海に向かうクルーズ客船という閉鎖された特別な空間で、坂元が得意な日常の延長線上にある台詞をちりばめた会話劇を軸に話が進んでいきます。

次ページ心情の移り変わりを楽しむ人間ドラマ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT