【産業天気図・百貨店】猛暑と厳冬で衣料品が紳士服中心に復調。高額品にも動き

百貨店業界を巡る環境は一変した。「夏の猛暑、クールビズ需要は一時的」との観測をハネ返し、秋以降も好調を維持している。全国百貨店売上高(既存店ベース)は、10月までの10カ月間中、計5カ月間が前年同月比プラス。このままいけば2005年は9年連続前年割れにストップをかける可能性も出てきた。11~12月と気温低下が続きそうなのも好材料だ。前年は年末に向け暖冬だったため、今年が厳冬になれば、夏服に比べてカサが張る(=値段も高い)冬服がより売れる。紳士服に牽引されて婦人服、さらには靴やバッグなどの雑貨も売れ行きが良いようだ。
 個別企業を見ると、過去最高純益更新の「勝ち組」筆頭は、メンズ館が絶好調な伊勢丹<8238.東証>や、先行してリストラを断行した大丸<8234.東証>。また日本橋など旗艦店が好調な高島屋<8233.東証>や、愛知万博効果をフルに満喫した松坂屋<8235.東証>も、本業で営業増益を堅持しそう。逆に「負け組」は地方の百貨店を除けば、大手では今春に4店閉鎖した三越<2779.東証>くらいか。
 例えば伊勢丹では、10万円台のバッグなど高額品も売れ始めており、個人消費回復は明らかに百貨店まで浸透しつつある。年明け以降の天候など不安要因は残るものの、総じて増額修正含みの展開と言ってもよさそうだ。
【大野和幸記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。