【産業天気図・半導体】価格低下や需要伸び悩み等で『曇り』続き。再編の可能性も

足元の大手半導体メーカーの損益は厳しい状況が続いている。国内で売り上げ最大手の東芝<6502.東証>は、2005年9月中間期の半導体部門売り上げが4940億円(前年同期4895億円)、営業利益は495億円(前年同期645億円)と減益ながらも高収益を保っているが、これはほぼ唯一の「例外」だ。
 東芝に抜かれて国内2位となったルネサステクノロジ<非上場>の2005年9月中間期売り上げは4393億円(前年同期5135億円)、営業利益5億円(前年同期364億円)と大幅減収減益となった。昨年度上期に大きな利益を上げたLCDドライバーの損益悪化が大きな要因だ。3位のNECエレクトロニクス<6723.東証>も中間期売り上げは3129億円(前年同期3768億円)へ、営業利益は121億円の赤字(前年同期は307億円の黒字)へ沈んでいる。デジタル家電向けのシステムLSIを中心に、価格低下と需要伸び悩みが続いていることが苦戦の最大の原因。DRAMのエルピーダメモリ<6665.東証>のように、価格低下に加え、増産投資がかさんでいることから赤字になっているケースもある。
 今06年3月期下半期は家庭用ゲーム機向け、携帯電話端末向けなどに一部明るさがあり、若干、需給の改善が見込める。しかし、国内半導体市場の成長率は低く、曇天が続きそう。続く07年3月期も、劇的な改善は見込めない。ルネサス、NECエレなどが得意とするデジタル家電用のシステムLSIに韓国サムスン電子が本腰を入れることもあり、日本勢の経営環境は厳しくなる一方だ。再編の動きが活発化する可能性も高い。
【山田俊浩記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT