住友金属鹿島製鉄所、津波被害から驚異の猛スピード復旧


 そして、20日と26日には2つの高炉で順次送風を再開。さらに、大きかったのが29日のコークス炉再稼働。エネルギー源も確保できたことで、他工程の再開に弾みがついた。4月3日には製鋼工場が動き粗鋼生産が再開。上工程が整った。

下工程の再開も随時進んだ。4月5日に厚板が再開。薄板の熱延も12日に稼働。冷延、表面処理も順次動き、25日、製鉄所内の全12工場が操業を再開した。30日には両高炉の全羽口を開き、生産体制は正常化された。

設備復旧、操業に当たり、直江津、和歌山などグループ拠点から350人が応援に駆け付けた。また、提携相手の新日本製鉄から復旧のための施工作業員100人以上の応援もあった。特に、Cガスホルダーなしの操業については、過去に名古屋で同様の経験をした新日鉄のノウハウが役に立った。

所内の火力発電所(IPP)の操業再開も急いだ。地盤沈下でコンベアが壊れたが、超特急で復旧させ3月26日には100%稼働、47.5万キロワットすべてを東京電力に供給している。「被災した火力発電所の中では第1号」(柳川専務)だった。

高炉ガスなど副生ガスを使って発電する東電との合弁、鹿島共同火力は1~4号機、各35万キロワットの能力を持つが、すべて震災直後に止まった。4月16日に1号機を再稼働させたが、震災前に稼働していた3号機と4号機も7月までに再開させる予定だ。東電福島第一原発1号機の能力46万キロワットを考えれば、IPPの47.5万キロワット、半分以上が東電向けに供給される共同火力の各35万キロワットの発電能力も小さくない。電力不足が懸念される夏に向けて、その再開も期待される。

(週刊東洋経済2011年5月28日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT