アメリカで「最も健康的な都市」はどこか

下位にはオクラホマシティ、メンフィスなど

 5月19日、米スポーツ医学会(ACSM)が発表した2015年の米フィットネス指数によると、全米で最も健康的な都市は2年連続でワシントンDCとなった。写真は2005年撮影(2015年 ロイター/Gregg Newton GN )

[ワシントン 19日 ロイター] - 米スポーツ医学会(ACSM)が発表した2015年の米フィットネス指数によると、全米で最も健康的な都市は2年連続でワシントンDCとなった。2位がミネアポリス・セントポール、3位にはサンディエゴが続いた。

下位には、オクラホマシティ、メンフィス、インディアナポリスが入った。

指数は、屋外活動に対する選択肢の多様さ、喫煙率、肥満や糖尿病の発症率などから算出。今年は公園へのアクセスが新たな指標に加えられた。

一方、過去30日以内に運動した米国人は1年間で11%減少。糖尿病による死亡率は7.8%増加した。毎日十分果物を摂取している人の割合は5.5%低下した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。