アメリカで「最も健康的な都市」はどこか

下位にはオクラホマシティ、メンフィスなど

 5月19日、米スポーツ医学会(ACSM)が発表した2015年の米フィットネス指数によると、全米で最も健康的な都市は2年連続でワシントンDCとなった。写真は2005年撮影(2015年 ロイター/Gregg Newton GN )

[ワシントン 19日 ロイター] - 米スポーツ医学会(ACSM)が発表した2015年の米フィットネス指数によると、全米で最も健康的な都市は2年連続でワシントンDCとなった。2位がミネアポリス・セントポール、3位にはサンディエゴが続いた。

下位には、オクラホマシティ、メンフィス、インディアナポリスが入った。

指数は、屋外活動に対する選択肢の多様さ、喫煙率、肥満や糖尿病の発症率などから算出。今年は公園へのアクセスが新たな指標に加えられた。

一方、過去30日以内に運動した米国人は1年間で11%減少。糖尿病による死亡率は7.8%増加した。毎日十分果物を摂取している人の割合は5.5%低下した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。