アメリカで「最も健康的な都市」はどこか

下位にはオクラホマシティ、メンフィスなど

 5月19日、米スポーツ医学会(ACSM)が発表した2015年の米フィットネス指数によると、全米で最も健康的な都市は2年連続でワシントンDCとなった。写真は2005年撮影(2015年 ロイター/Gregg Newton GN )

[ワシントン 19日 ロイター] - 米スポーツ医学会(ACSM)が発表した2015年の米フィットネス指数によると、全米で最も健康的な都市は2年連続でワシントンDCとなった。2位がミネアポリス・セントポール、3位にはサンディエゴが続いた。

下位には、オクラホマシティ、メンフィス、インディアナポリスが入った。

指数は、屋外活動に対する選択肢の多様さ、喫煙率、肥満や糖尿病の発症率などから算出。今年は公園へのアクセスが新たな指標に加えられた。

一方、過去30日以内に運動した米国人は1年間で11%減少。糖尿病による死亡率は7.8%増加した。毎日十分果物を摂取している人の割合は5.5%低下した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?