アメリカで「最も健康的な都市」はどこか

下位にはオクラホマシティ、メンフィスなど

 5月19日、米スポーツ医学会(ACSM)が発表した2015年の米フィットネス指数によると、全米で最も健康的な都市は2年連続でワシントンDCとなった。写真は2005年撮影(2015年 ロイター/Gregg Newton GN )

[ワシントン 19日 ロイター] - 米スポーツ医学会(ACSM)が発表した2015年の米フィットネス指数によると、全米で最も健康的な都市は2年連続でワシントンDCとなった。2位がミネアポリス・セントポール、3位にはサンディエゴが続いた。

下位には、オクラホマシティ、メンフィス、インディアナポリスが入った。

指数は、屋外活動に対する選択肢の多様さ、喫煙率、肥満や糖尿病の発症率などから算出。今年は公園へのアクセスが新たな指標に加えられた。

一方、過去30日以内に運動した米国人は1年間で11%減少。糖尿病による死亡率は7.8%増加した。毎日十分果物を摂取している人の割合は5.5%低下した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT