JAL社長が明かす「パイロットの条件」とは?

機長出身の社長だからこそ知っている"裏側"

ところが、パイロットの訓練というのは、横に神様のような教官がいて、その人が四六時中横にいて見ているわけです。かつ、自分の能力がそのまま計器に数字で出てくる。「ほーれ、ほれほれ。そろそろ高度が狂うよ。ほれ、狂ったやろ?」なんて、横にいる教官にすべてを見透かされると、自分が“素っ裸”にされるような気持ちになる。それで必死になって勉強しても、次の日もまた失敗する。こんな訓練を何年も繰り返すんですよ。普通の人間なら落ち込みます。

一時はあきらめた訓練生たちも再び夢に向かう

2010年の経営破たんは、思い出すのも辛かったと語る植木義晴社長

――2010年の経営破たんの時は、大幅な路線のリストラを行っています。その時にJALを辞めたパイロットも多くいました。

当時は現役のパイロットにも辞めてもらったくらいなので、これからパイロットになる訓練生を養成することは、とてもできませんでした。思い出すのも辛いけれど、当時JALに入社したばかりのパイロット訓練生150人に、「君たちには、もうパイロットの道はないんだ」と伝えたのは私なんです。

彼らは職種別採用という形で、つまり「パイロットにしてやる」という約束で採用され、パイロットを夢見てJALに入った人たち。僕の話を聞いて、彼らはみなその場で泣きました。泣いて、一言も出なくなって、しばらくしてみな怒り始めました。「約束が違うじゃないか」と。それでも彼らのうち120人ほどがJALに残り、パイロットでなく財務・経理や空港業務などの総合職に異動しました。

だから彼らは、僕のことをいちばん恨んでいていいはずなんですよ。なのに(破綻から)1年後の(2011年)6月29日、1周忌じゃないですけれど彼らが「1年目の会」というのを開いて、僕を呼んでくれました。

――彼らは今、どうしているのですか。

あれから5年が経ち、おかげさまでJALの業績は回復しています。再びパイロットが必要な状況になり、彼らをもう一度パイロット訓練生に戻しました。今は米アリゾナのトレーニングセンターで訓練を始めています。「心の中で待ち焦がれていた訓練に、ようやく入れる」と言って旅立っていきました。

この前、視察に行ってきたんです。「どうや?」って声をかけたら、「植木さん、もっとはっきり言ってくれればよかったのに。訓練ってこんなに厳しいんですね」だってさ(笑)。彼らも破綻後の数年間、地上で必死になって頑張ってくれたけれど、自分を素っ裸にされるほどの訓練は初めて。「こんなに厳しいのか」というのを今、味わっています。でも、これを乗り越えた者だけがパイロットになれる。面白いよ。

(撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT