おもろすぎっ!「本当にあった医学論文」

「ネクタイは医学的によくない」など154編

咽頭痛が頻繁におこり、って、そらそうやろ。それくらいはガマンしてもらうとして、注意散漫な時や複数の剣を呑む時、食道穿孔(しょくどうせんこう)を引き起こすことがあるらしい。食道穿孔の予後は良好とあるけど、ほんまですか? ひょっとしたら、食道穿孔で死んでしまったら、アンケートに答えられないからだけとちゃいますか、とつっこみたくなる。

アンケートに答えた剣呑み師たちの平均身長が176センチで体重が79キロと、やや肥満気味であるという貴重な情報も含まれている。また、剣呑み術の習得には数カ月から数年におよぶトレーニングが必要らしい。危険なだけでなく、習得するのが困難な職業なのである。ほんま、どうでええけど。

思わず読んでみたくなる、さまざまな症例

適当にタイトルを拾っただけで、

『テレビの観すぎは寿命を縮めるかもしれない』、
『鼻毛が長いと気管支喘息になりにくい!?』、
『ストレスの強い男性はふくよかな女性が好き』、
『ネクタイは医学的によくない』、
『麻雀をするとこんなことに』、
『授かり婚に医学的リスクはあるか』、
『逆子は遺伝する?』、
『性行為中の死亡事故、意外に多い死因は?』

 

……などなど、思わず読んでみたくなる論文ばかりだ。

論文紹介タイトルがちょっと弱気な感じがするのには理由がある。

これらの研究は、もちろんエビデンスに基づいたものであり、きちんとした統計処理がされている。その結果、統計的に有意な違いがある、と結論されてはいる。いるのではあるが、まぁ、ぎりぎりの違い、っちゅうのもたくさんあるのであります。「ウソは3種類ある:ウソ、まっかなウソ、そして統計」というところなのであります。

だからであろう、冒頭にちゃんと書いてある。

“この書籍はあくまで読み物であり、論文の内容について医学的な妥当性を保証するものではありません。実臨床に決して応用しないようお願い申し上げます。”

著者の倉原センセの良心が伝わってくるではないか。ま、書かなくとも、応用するようなお医師さんはおらんだろうけど。

次ページまさかの症例、……なぜそれをそこに?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT