ルーシー・ブラックマン事件、15年目の真実

毒牙にかかった女性は150人以上

ルーシー・ブラックマン事件は、2000年7月に元英国航空の客室乗務員 ルーシー・ブラックマンさんが失踪し、神奈川県三浦市の海岸近くにある洞窟でバラバラ遺体で発見された事件である。

事件にかかわる奇妙な人物たちの存在

この事件については、これまでにもさまざまな報道がなされてきた。だが、それら一つひとつを時系列で丁寧につなぎ合わせていっても、決して全貌は見えてこない。この事件にかかわる実に奇妙な人物たちの存在、そして社会の表と裏が複雑に入り乱れた彼らをとりまく状況を考えれば、無理もないだろう。六本木のホステス、犯人の生い立ち、SM愛好家、便利屋、警察のシステム……。

おそらく犯人でさえ知り得なかったであろう事件の全貌に挑んだ著者は、日本在住歴20年に及ぶ英「ザ・タイムズ」の東京支局長を務める人物。10年以上の取材期間をかけて見えてきた、ルーシー・ブラックマン事件の真実とはいったい何だったのか?

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

この事件を紋切り型のフレームに当てはめてみれば、以下のように記述することもできる。

“借金を抱えた水商売の外国人女性が、猟奇的な方法で殺害された事件。被害者の両親は離婚しており、父親にはソシオパスの傾向が見られた。犯人はSMの趣味をもつサイコパスであり、警察は威信を、検察はメンツをかけて動くも、捜査は難航した。”

次ページ彼女の人生を憐れむだけでいいのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。