ジョニー・デップの愛犬に安楽死の危機!

検疫受けず入国で豪当局が警告

 5月13日、ジョニー・デップさんが映画撮影のためオーストラリアに入国した際、愛犬に検疫検査を受けさせなかったことが分かり、豪農業省は犬を出国させなければ安楽死させると警告した。ロンドンで1月撮影(2015年 ロイター/LUKE MACGREGOR)

[シドニー 14日 ロイター] - 人気俳優のジョニー・デップさん(51)が映画撮影のためオーストラリアに入国した際、愛犬に検疫検査を受けさせなかったことが分かり、豪農業省は50時間以内に犬を出国させなければ安楽死させると警告した。同国は動物の検疫に厳しいことで知られる。

デップさんは、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第5作の撮影に入っている。4月に自家用飛行機で豪州入りした際、愛犬のヨークシャーテリア「ピストル」と「ブー」を連れていることを申告せず、輸入検疫を受けなかったという。

ジョイス農業相は14日、有名人でも豪州の厳しい検疫規制を避けて通ることはできないと強調。「デップさんが犬を約50時間以内に米カリフォルニア州に連れて帰らなければ、われわれは犬を安楽死させるしかない」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT