ジョニー・デップの愛犬に安楽死の危機!

検疫受けず入国で豪当局が警告

 5月13日、ジョニー・デップさんが映画撮影のためオーストラリアに入国した際、愛犬に検疫検査を受けさせなかったことが分かり、豪農業省は犬を出国させなければ安楽死させると警告した。ロンドンで1月撮影(2015年 ロイター/LUKE MACGREGOR)

[シドニー 14日 ロイター] - 人気俳優のジョニー・デップさん(51)が映画撮影のためオーストラリアに入国した際、愛犬に検疫検査を受けさせなかったことが分かり、豪農業省は50時間以内に犬を出国させなければ安楽死させると警告した。同国は動物の検疫に厳しいことで知られる。

デップさんは、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第5作の撮影に入っている。4月に自家用飛行機で豪州入りした際、愛犬のヨークシャーテリア「ピストル」と「ブー」を連れていることを申告せず、輸入検疫を受けなかったという。

ジョイス農業相は14日、有名人でも豪州の厳しい検疫規制を避けて通ることはできないと強調。「デップさんが犬を約50時間以内に米カリフォルニア州に連れて帰らなければ、われわれは犬を安楽死させるしかない」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT