ジョニー・デップの愛犬に安楽死の危機!

検疫受けず入国で豪当局が警告

 5月13日、ジョニー・デップさんが映画撮影のためオーストラリアに入国した際、愛犬に検疫検査を受けさせなかったことが分かり、豪農業省は犬を出国させなければ安楽死させると警告した。ロンドンで1月撮影(2015年 ロイター/LUKE MACGREGOR)

[シドニー 14日 ロイター] - 人気俳優のジョニー・デップさん(51)が映画撮影のためオーストラリアに入国した際、愛犬に検疫検査を受けさせなかったことが分かり、豪農業省は50時間以内に犬を出国させなければ安楽死させると警告した。同国は動物の検疫に厳しいことで知られる。

デップさんは、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第5作の撮影に入っている。4月に自家用飛行機で豪州入りした際、愛犬のヨークシャーテリア「ピストル」と「ブー」を連れていることを申告せず、輸入検疫を受けなかったという。

ジョイス農業相は14日、有名人でも豪州の厳しい検疫規制を避けて通ることはできないと強調。「デップさんが犬を約50時間以内に米カリフォルニア州に連れて帰らなければ、われわれは犬を安楽死させるしかない」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。