佐川急便の石巻店が復旧

5月11日から集荷・配達を再開【震災関連速報】

佐川急便の石巻店が復旧。5月11日から集荷・配達を再開【震災関連速報】

宅配便大手でSGホールディングス傘下の佐川急便は、東日本大震災で被災した石巻店を復旧させ、5月11日から集荷・配達を再開する。

これまで石巻店では、発送時は営業店に荷物を持ちこみ、到着時は営業店まで荷物を取りに来る「営業店止めサービス」のみにとどまっていたが、施設や車両が復旧したことから集荷・配達の再開に踏み切る。集荷・配達エリアは宮城県下の石巻市、東松島市、牡鹿郡、本吉郡。電話が復旧するまで、電話による受け付けは仙台店が代行する。石巻店でのクール便の取り扱いはなお見合わせている。

これで、宮城県下で営業店止めサービスにとどまっているのは気仙沼市のみとなった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT