佐川急便の石巻店が復旧

5月11日から集荷・配達を再開【震災関連速報】

佐川急便の石巻店が復旧。5月11日から集荷・配達を再開【震災関連速報】

宅配便大手でSGホールディングス傘下の佐川急便は、東日本大震災で被災した石巻店を復旧させ、5月11日から集荷・配達を再開する。

これまで石巻店では、発送時は営業店に荷物を持ちこみ、到着時は営業店まで荷物を取りに来る「営業店止めサービス」のみにとどまっていたが、施設や車両が復旧したことから集荷・配達の再開に踏み切る。集荷・配達エリアは宮城県下の石巻市、東松島市、牡鹿郡、本吉郡。電話が復旧するまで、電話による受け付けは仙台店が代行する。石巻店でのクール便の取り扱いはなお見合わせている。

これで、宮城県下で営業店止めサービスにとどまっているのは気仙沼市のみとなった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。