佐川急便の石巻店が復旧

5月11日から集荷・配達を再開【震災関連速報】

佐川急便の石巻店が復旧。5月11日から集荷・配達を再開【震災関連速報】

宅配便大手でSGホールディングス傘下の佐川急便は、東日本大震災で被災した石巻店を復旧させ、5月11日から集荷・配達を再開する。

これまで石巻店では、発送時は営業店に荷物を持ちこみ、到着時は営業店まで荷物を取りに来る「営業店止めサービス」のみにとどまっていたが、施設や車両が復旧したことから集荷・配達の再開に踏み切る。集荷・配達エリアは宮城県下の石巻市、東松島市、牡鹿郡、本吉郡。電話が復旧するまで、電話による受け付けは仙台店が代行する。石巻店でのクール便の取り扱いはなお見合わせている。

これで、宮城県下で営業店止めサービスにとどまっているのは気仙沼市のみとなった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT