【産業天気図・石油/石炭製品】今下期は石油精製・販売マージンが低下。ただ在庫評価益で見掛け増益

原油高による在庫評価益で石油元売り企業の今2006年3月期業績は、新日本石油<5001.東証>などで再増額修正されているが、在庫評価益を除く実態収益は今下期から悪化方向に向かっている。この傾向は、07年3月期の上期まで続きそうだ。元売り首位の新日本石油は、下期は灯油需要が出足の暖冬で減少したため10月、11月は減産した。また、前05年3月期は好調だったガソリンなど石油販売のマージンが、下期は原油高の価格転嫁が鈍り、マージンが低下している。
 新日本石油の06年3月期連結経常利益は2230億円に再増額されているが、そのうち900億円が原油高による在庫評価益(WTI60ドル想定)。また、石油・天然ガス開発も原油高などで554億円増える。石油精製・販売の部門営業利益は前期比342億円減る見込みだ。06年3月期から石油精製・販売に含まれている石油化学も、前期に比べて市況が低下している。
 新日本石油は在庫評価益を除いた連結経常利益1500億円を目標にしているが、07年3月期は原油高の価格転嫁の進展を見込み、在庫評価益除き1600億円程度を目標としてイメージしている。
【内田通夫記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT