「10年求婚し続けた男」を最後に選んだ彼女の発見 「毎月のように通い続けてくれたお客」と再会し…

✎ 1〜 ✎ 245 ✎ 246 ✎ 247 ✎ 最新
拡大
縮小
10年も求婚し続けてくれた男性と結婚した雅恵さん。2人の出会いと結婚までの驚きの経緯と現在とは?(イラスト:堀江篤史)

<コロナに感染して重症化して死にかけた。人間生死の境を渡ると……ホントに必要なものが見えると思いました。

しょうもない男とズルズルと16年も付き合って人生の大半をドブに捨てた私をずっと10年間好きでプロポーズをしてくれていた旦那さん。コロナにならなかったら本当に大切なものに気づけなかったと思います。

愛されるというコト…かけがえのない子どもにも恵まれてとても幸せです。普通の幸せがこんなにありがたいと思える今を実感しています>

10年間プロポーズし続けてくれた夫

愛知県内に住む青木雅恵さん(仮名、42歳)から本連載の出演申し込みフォームを通じてこんなメッセージが入ったのは今年5月。「しょうもない男とズルズルと16年」はありがちだけど、「ずっと10年間好きでプロポーズ」をし続けるのは並外れている。

もちろん、ストーカーなどではない。最後には成就して幸せな家庭を築けているようだ。特に旦那さんの話を聞いてみたいと思って取材依頼のメールを送った。実際に会うと、もっと並外れた事実が出てくることを知らずに……。

ある土曜日に愛知県内のカフェで待ち合わせをすると、青木さん一家が車で来てくれた。システムエンジニアだという夫の健太さん(仮名、50歳)は緊張気味なのか口数が少なめ。生後6カ月の娘さんのお世話を健太さんにお任せし、まずは雅恵さんの話を聞くことにした。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT